連載
» 2015年09月30日 09時00分 UPDATE

勝ち抜くための組織づくりと製品アーキテクチャ(8):製品アーキテクチャによる差別化と競争優位性 (1/4)

今回は製品アーキテクチャの概念的な部分から、差別化や価値をいかに設計に組み込むかについてお伝えしたい。皆さんの企業と顧客の製品がどのタイプのアーキテクチャを持つかが、自社を優位に立たせる観点で重要だ。デジタル家電や自動車業界の例から、電機業界が進むべき方向を考察する。

[世古雅人,EE Times Japan]

 今回も? 前半は概念的なものが多く、既に製品開発に関わっている皆さんからすれば、「そんなの当たり前だよ」といわれるものも多いかもしれない。しかし、この概念的な部分を割愛してしまうと、その後にお伝えしたい「差別化をいかに設計に組み込むか」「価値を埋め込むか」がぼやけてしまうこともあり、あえて、読むことがしんどい内容を述べることをご了承いただきつつ、お付き合い願いたい。

製品アーキテクチャの基本パターン

 製品において、最終製品あるいは、製品内部構成がインテグラル型なのか、モジュラー型なのかにより、製品の特徴、業界における位置付け、とるべき戦略が変わってくる。

 最終製品(外)と製品を構成するモジュール(中)が、インテグラル型とモジュラー型による組み合わせが考えられ、4つの基本パターンとなる。これらを模式的に示したものが図1である。

ts150930_Architecture01.jpg 図1:製品アーキテクチャ(4つの基本パターン) (クリックで拡大)

(a)中インテグラル・外インテグラル

 最終製品がインテグラル・アーキテクチャ製品であり、最終製品を構成するモジュールもインテグラル型の場合である。

 自動車業界の自動車と自動車部品との関係性がこれに該当する。部品メーカーは自動車メーカー向けの特殊部品を作っているが、特殊性ゆえに量産効果が低く収益性が低いのが一般的である。二輪車メーカーも同様である。

(b)中インテグラル・外モジュラー

 最終製品がモジュール・アーキテクチャ製品であり、構成するモジュールがインテグラル型の場合である。

 自転車業界では、例えば自転車のギア部品や釣りのリールなどのメーカーであるシマノの他、CPUメーカーであるインテル、電子部品メーカーの村田製作所なども同様である。

(c)中モジュラー・外インテグラル

 最終製品がインテグラル・アーキテクチャ製品であり、構成するモジュールがモジュール型の場合である。

 例えば、計測機器メーカーのキーエンスでは、顧客の現場まで入り込み、コンサルティングなどによる潜在ニーズの発掘と解決をウリにしている。既存の計測機器の業界標準品を組み合わせることで開発し、ソリューションサービスという付加価値を付ける。また、ジェットエンジンを製造・供給しているGE、カスタムLSIメーカーのローム、小型モーターのマブチモーターもこのタイプに該当する。

(d)中モジュラー・外モジュラー

 最終製品がモジュール・アーキテクチャ製品であり、構成するモジュールもモジュール型の場合である。

 一般に汎用品といわれる製品が該当する。DRAMなどのメモリ、グレード鋼、樹脂などである。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.