ニュース
» 2015年09月30日 11時30分 UPDATE

「A9」の製造元はSamsungとTSMCの2社:iPhone 6s、BOMコストは推定245ドル (1/2)

2015年9月25日に発売され、販売初速の記録を早くも更新した「iPhone 6s」と「iPhone 6 Plus」。米TechInsightsによると、iPhone 6s(64GB版)のBOMコストは約245米ドルだという。さらに、カナダChipworksの分解により、新型プロセッサ「A9」の製造元は、Samsung ElectronicsとTSMCの2社であることが分かった。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 2015年9月25日に発売されたばかりのAppleの新型スマートフォン「iPhone 6s」「iPhone 6 Plus」。同社は9月28日(米国時間)に、両機種の販売台数が、発売後の3日間で1300万台を超え、過去最高を記録したと発表した(参考)。

 米国のTechInsightsの試算によれば、iPhone 6s(64GB版)のBOM(Bill of Materials)コストは約245米ドルだという。

 最もコストがかかっているのはアプリケーションプロセッサおよびベースバンドプロセッサで、58.50米ドル。次がディスプレイ/タッチスクリーンで42.50米ドルとなっている。

photo 「iPhone 6s」のBOMコストの概要(クリックで拡大) 出典:TechInsights

LPDDR4への移行でメモリのコストが増加

 TechInsightsによれば、「iPhone 6」と比較すると、BOMコストの違いは16.50米ドルになるという。

photo 「iPhone 6」のBOMコストとの比較(クリックで拡大) 出典:TechInsights

 最も差が大きいのはメモリICだ。これは、LPDDR4への移行が主な要因となっている。TechInsightsによると、iPhone 6に搭載されている1GBのLPDDR3 RAMは4.50米ドル。これに対して、iPhone 6sでは次世代モバイルDRAM規格であるLPDDR4 RAMが採用されていて、このコストが2GBで16米ドルだという。ディスプレイ/タッチスクリーンのコストも、「3D Touch」を搭載していることで、やや増加した。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.