ニュース
» 2015年10月06日 14時30分 UPDATE

2015年度Q4の売上高、3四半期連続で減少:Micronが苦戦、PC市場低迷の影響で (1/2)

2015年度第4四半期の業績を発表したMicron Technology。売上高は3四半期連続で減少していて、同社が苦戦している様子がうかがえる。「Windows 10」が発表されてもPC市場の低迷は止まらず、その影響を受けているとみられる。

[Jessica Lipsky,EE Times]

 Micron Technologyは2015年10月1日(米国時間)、2015年度第4四半期(9月3日を末日とする)の業績を発表した。PC市場が引き続き低迷していることを受け、3四半期連続で売上高が減少する結果となっている。

 2015年度第4四半期の売上高は36億米ドルで、同年前期比で7%減、前年同期比では15%減である。2015会計年度全体の売上高は、前年比1%減となる162億米ドルだった。

 GAAP(一般会計原則)に基づく2015年度第4四半期の純利益は4億7100万米ドル(1株当たり0.42米ドル)で、同年前期の4億9100万米ドル、前年同期の11億5000万米ドルのいずれからも減少する結果となった。

 2015年度第4四半期における一部費用を除いたNon-GAAPの純利益は3億9900万米ドルで、1株当たりの利益は0.37米ドルだった。Yahoo! Financeによると、アナリスト予想平均では、1株当たりの利益は0.33米ドルとされていたことから、それを上回る結果となった。

 Micronは、2016年第1四半期の売上高を33億5000万〜36億米ドル、2016会計年度の設備投資費を53億〜58億米ドルと見込んでいるという。

なぜ減少?

photo Intelと発表した「3D XPoint」は大いに話題になった(クリックで拡大) 出典:Micron Technology

 Micronは、2015年度第4四半期の売上高が減少した主な要因として、DRAMの平均販売価格(ASP)が7%減少したことや、DRAMの出荷数量が比較的横ばいの状態にあったことなどを挙げている。同社のDRAMの売上高は、第4四半期の売上高全体の60%を占めているが、前期に続いて8%減少したという。

 また、2015年度第4四半期における不揮発性メモリの売上高についても、出荷数量が伸び悩んだために7%減少したという。

 MicronのCEO(最高経営責任者)であるMark Durcan氏は、業績発表の後で行われたアナリストとのカンファレンスコールにおいて、「当社の2015年度第4四半期の業績は、PC市場が引き続き低調だったことによる影響を受けた。しかし長期的には、メモリ業界は基本的に好況を維持していく見込みであるため、当社としては、最先端技術やシステムレベルのソリューションなどを導入することにより、競争力を一段と高めることに注力していきたいと考えている」と述べている。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.