ニュース
» 2015年10月07日 17時55分 UPDATE

パナソニックが「世界初」:Ultra HD Blu-ray対応レコーダーを披露

パナソニックは「CEATEC JAPAN 2015」にて、Ultra HD Blu-rayに対応したレコーダー「DMR-UBZ1」を展示した。Ultra HD Blu-rayに「世界で初めて」(同社)対応した製品となる。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 パナソニックは「CEATEC JAPAN 2015」(2015年10月7〜10日、幕張メッセ)で、次世代のBlu-ray規格である「Ultra HD Blu-ray」にした対応したレコーダー「DMR-UBZ1」を披露した。2015年11月13日に発売する予定で、想定価格は約40万円。月産台数は500台としている。

 Ultra HD Blu-rayは、4Kの解像度に加えて、60pのフレームレート、最大1000〜1万nitの高輝度(HDR[ハイダイナミックレンジ])、広い色域(BT.2020規格に対応)を備えるもの。従来のBlu-rayに比べて、白つぶれが少なく、より色鮮やかで立体感のある映像を楽しめる。

photophoto 左=Ultra HD Blu-rayに対応したレコーダー「DMR-UBZ1」 / 右=Ultra HD Blu-rayと従来のBlu-rayの比較(クリックで拡大)
photophoto DMR-UBZ1で映像を再生した様子。画像で見ても、Ultra HD Blu-ray対応の方が、より明るく、細かい色まで再現していることが分かる(クリックで拡大)

 DMR-UBZ1には、パナソニックハリウッド研究所(PHL)で培った技術を活用した、4K対応エンジン「4Kリアルクロマプロセッサplus」が搭載されている。デコードした4K/4:2:0の信号を、独自の処理で4K/4:4:4に補間する技術である。こうした画像処理技術は、パナソニックが以前から強みを持つ分野でもある。

photo 「4Kリアルクロマプロセッサplus」の概念図。青い丸は輝度信号、オレンジの四角は色信号を表している。4K/4:2:0で丸と四角の数を比べると、四角の方が少ない。つまり、色信号の方が少ないのである。4Kリアルクロマプロセッサplusでは、色信号を垂直・水平の両方向にそれぞれ4倍ずつ拡張し、“色の情報を増やす”というイメージだ(クリックで拡大) 出典:パナソニック

Ultra HD Blu-rayに強い期待

 パナソニックの説明担当者は、「Ultra HD Blu-ray対応のディスクは2016年にかけて市場に登場すると考えている。4Kテレビが普及し始めたことで、ムービーや写真も4Kに移行し始めている。そうした中で、ディスクメディアだけが2Kのまま取り残されるのは考えにくい。ディスプレイやレコーダーを提供するメーカーとして、Ultra HD Blu-rayには非常に期待している」と強調した。

CEATEC JAPAN 2015(CEATEC 2015)

CEATEC JAPAN 2015特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.