ニュース
» 2015年10月08日 10時00分 UPDATE

独自のセンサー構造とアルゴリズムにより実現:未来の体温計は貼り付けて赤ちゃんの邪魔をしない

オムロン ヘルスケアは、独自のセンサー構造とアルゴリズムにより体の表面温度から体温を測定する、小型貼り付け体温測定技術を開発したと発表した。乳幼児や高齢者の体温変化管理、屋外作業者の熱中症予防に応用できるという。同技術は、「CEATEC JAPAN 2015」で展示されている。

[庄司智昭,EE Times Japan]

 オムロン ヘルスケアは2015年10月5日、独自のセンサー構造とアルゴリズムにより体の表面温度から体温を測定する、小型貼り付け体温測定技術を開発したと発表した。開発したセンサーに通信機能と電池を搭載することで、乳幼児や高齢者の体温管理、屋外作業者の熱中症予防に応用することができるという。

 同技術は、2015年10月7〜10日に開催されるエレクトロニクス/IT関連総合展示会「CEATEC JAPAN 2015」(幕張メッセ)のオムロンブースに展示されている。

ts151007_OMRON01.jpg 「CEATEC JAPAN 2015」で展示されている小型貼り付け体温測定技術。現在はセンサーまでの開発となっている (クリックで拡大)

人感センサー(サーモパイル)を応用

 同センサーは、熱抵抗の異なるサーミスターセンサーと熱流センサーで構成されている。サーミスターセンサーは体の表面温度を測るセンサーで、熱流センサーは体の内部の温度を熱の勢いから測る。

 サーミスターセンサーは、従来の体温計でも使用されているが、熱流センサーは今回、人感センサーで使用されている「サーモパイル」を応用して開発。これにより、熱の抵抗値と、表面と内部の温度差から、体温を測定することができるという。

 同センサーは、MEMS技術によりチップサイズ8mm角の小型化を実現。お腹や胸などの目立たない場所に貼り付けることで、体温を継続的に管理できるという。同社は、「下着にクリップのようなもので、センサーを身につけることを検討している。将来的には時計などのウェアラブル端末に搭載することも考えられる」と語る。

 なお、同技術は2017年をメドに製品化する予定としている。

CEATEC JAPAN 2015(CEATEC 2015)

CEATEC JAPAN 2015特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

関連キーワード

CEATEC | 人感センサー | 赤ちゃん | オムロン | MEMS


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.