ニュース
» 2015年10月08日 16時55分 UPDATE

センサーネットワークモジュールを活用:IoTはトイレまで監視? これで仕事をさぼれない (1/2)

アルプス電気は、2015年10月7日に開幕した「CEATEC JAPAN 2015」(千葉市・幕張メッセ)で、同社のセンサーモジュールを用いたIoT市場向けソリューションの展示を行った。農業やインフラ機器の監視、トイレの利用状況の遠隔監視といった事例が紹介されていた。

[庄司智昭,EE Times Japan]

 アルプス電気は、2015年10月7〜10日に開催されている「CEATEC JAPAN 2015」(幕張メッセ)で、同社の複数センサーと通信モジュールを1パッケージにした「IoT Smart Module」を用いたIoT向けソリューションの展示を行った。

 システムインテグレータやベンチャー企業などとコラボレーションを行い、農業ICTやインフラの管理、オフィスのモニタリング、トイレの利用状況の遠隔監視といった事例が紹介されていた。本記事では、その一部を紹介する。

ts151008_IoT01.jpg アルプス電気の複数センサーと通信モジュールを1パッケージにした「IoT Smart Module」。詳細は記事中に記す (クリックで拡大)

農業IoTシステム

 最初に紹介するのは、農業IoTシステムをイメージしたビニールハウスでのデモである。ビニールハウスには、環境センサーモジュールが中に入っている。このモジュールは、気圧、温湿度、照度、入り口の開閉状態を検知する各種センサーが搭載。920MHz帯無線通信モジュールを搭載しているため、障害物に強く、長い通信距離を実現する。ビニールハウスでは、気圧センサーを組み込むことで、水位も検知できるという。

 同モジュールは、ソーラーパネル式と内蔵電池式の2種類をラインアップ。防水、防塵設計となっており、屋外の農業でも安心して使用できるとしている。

ts151008_IoT02.jpg ビニールハウスのデモ。中には、環境センサーモジュールが入っている。無線通信でデータをタブレットに送り、温度、湿度、照度、気圧データを表示している (クリックで拡大)

 同社は、地域農業IoTシステムとして、イーラボ・エクスペリエンス、ベジタリア、NTTドコモと行っている事例も紹介。同社の水位センサーとWi-SUN通信モジュールを用いて、農業分野のノウハウを持つイーラボ・エクスペリエンスとベジタリアのクラウド基盤を用いて、現在、新潟で実証実験を行っているという。

ts151008_IoT03.jpg アルプス電気が、イーラボ・エクスペリエンス、ベジタリア、NTTドコモと取り組む地域農業IoTシステム (クリックで拡大)

インフラの監視

 同社は、インフラや産業機器の異常検知にセンサーネットワークモジュールを提案していくとしている。このモジュールは、気圧、温湿度、照度の各センサーと、Bluetooth Smartモジュール、アンテナをワンパッケージ化。消費電流をコントロールするマイコンを搭載しながら、小型化を実現した。住環境のモニタリングや、インフラ設備の監視などに応用が期待できるという。展示では、柱に同モジュールを組み込んだ設定でデモが行われていた。同モジュールが組み込まれた装置を振動させると、センサーが揺れを感知して、その情報がタブレット端末に表示されるようになっている。

ts151008_IoT04.jpg インフラ設備の監視をイメージしたデモ。ボタンを押して振動を起こすと、揺れをセンサーが感知してタブレット上にアラートを出してくれるようになっている (クリックで拡大)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.