ニュース
» 2015年10月09日 10時10分 UPDATE

「CEATEC JAPAN 2015」の展示を写真で紹介:ついに10Kディスプレイ! 中国BOEが82型を展示 (1/2)

中国の液晶ディスプレイメーカー大手BOEテクノロジーグループは、2015年10月7〜10日に開幕されている「CEATEC JAPAN 2015」(千葉市・幕張メッセ)で、10Kの82型ディスプレイの展示を行った。2015年6月に発表した「世界初」(同社)の同ディスプレイを写真で紹介する。

[庄司智昭,EE Times Japan]

 BOEテクノロジーグループは、2015年10月7〜10日に開幕されている「CEATEC JAPAN 2015」(千葉市・幕張メッセ)で、「世界初」(同社)という10K(1万240×4320ピクセル)の解像度を実現した82型ディスプレイの展示を行った。

 ディスプレイの輝度は350nit、色域はNTSC 90%、アスペクト比は21:9となっている。現在は開発中であるが、デジタルサイネージや博物館の展示向けに展開していく予定という。

ts151008_BOE01.jpg 「CEATEC JAPAN 2015」で実際に展示されていた10Kディスプレイ (クリックで拡大)

スマホ向け液晶パネルの出荷量は世界1位

 BOEテクノロジーグループは、中国に10カ所の工場を構える大手パネルメーカー。大型パネルの出荷量は世界5位、スマートフォン・タブレット用液晶パネルの出荷量は世界1位という。日本法人もあり、日本進出からは4年がたっている。

 同社になぜ10Kディスプレイを実現できたのかを尋ねると、「売り上げが厳しい時期は行えなかったが、BOEは毎年売り上げの8%を研究開発費に投資している。技術の進歩は、こうした投資による成果だと考えている」(同社)と語る。

ts151008_BOE02.jpg 「CEATEC JAPAN 2015」で実際に展示されていた10Kディスプレイ(2) (クリックで拡大)
ts151008_BOE03.jpg 「CEATEC JAPAN 2015」で実際に展示されていた10Kディスプレイ(3) (クリックで拡大)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.