ニュース
» 2015年10月14日 11時00分 UPDATE

デモの様子を動画で紹介:小型スイッチ搭載で生活に溶け込むスマートグラス

村田製作所は、2015年10月7〜10日に開催された「CEATEC JAPAN 2015」で、同社が福井県鯖江市と共同で試作したスマートグラスのコンセプトモデル「Cool Design Smart Glass」を展示した。本記事では、Cool Design Smart Glassのデモの様子を動画で紹介する。

[庄司智昭,EE Times Japan]

 村田製作所は、2015年10月7〜10日に開催された「CEATEC JAPAN 2015」で、スマートグラスのコンセプトモデル「Cool Design Smart Glass」のデモを行った。

 Cool Design Smart Glassは、「めがねのまち さばえ」を掲げる福井県鯖江市と村田製作所が共同で試作。鯖江市のデザインと製造技術により、ガジェット感を漂わせず、より生活に溶け込んだ形のスマートグラスを実現したという。

ts151013_MPS02.jpg 「Cool Design Smart Glass」。フレーム部分の太さはまだ目立つが、ガジェット感を少なく、生活に溶け込んだ形のデザインとなっている (クリックで拡大)

 Cool Design Smart Glassを使って家電や照明を制御するデモが行われた。Cool Design Smart Glassで照明や家電といった機器を見ると、フレームから発信された赤外線を機器が受光する。Bluetoothによって、受光した機器のアイコンがARディスプレイに表示され、フレーム右側に搭載されているスイッチモジュールとダイヤルで制御が可能になる。デモではテレビのチャンネルの切り替えや照明のオン/オフなどが披露された。

ts151013_MPS03.jpg フレーム右側には、スイッチとダイヤルがあり右手だけで簡単に操作できるようになっている。また、赤外線ユニットとBluetoothの機能も搭載している (クリックで拡大)
ts151013_MPS04.jpg ARディスプレイに表示されるアイコンはこのように見えている (クリックで拡大)

 村田製作所が手掛けるのは、テンプル部(耳に掛ける部分)に搭載されているスイッチモジュール「micro Position Sensor」(micro PS)である。micro PSは、回転・プッシュスイッチ機能を3.2×3.4×2.3mmの大きさにパッケージング。レンズ部のARディスプレイやスマートフォンなどの接続機器を容易に操作することができるという*)

*)関連記事:デザイン性と機能を両立させたスマートグラス

ts151013_MPS01.jpg スマートグラスのコンセプトモデル「Cool Design Smart Glass」に搭載されている村田製作所のスイッチモジュール「micro PS」 (クリックで拡大)

 Cool Design Smart Glassの製品化は現在未定としているが、「福井県鯖江市などとの異業種連携により、micro PSの新たなビジネスを開拓していきたい」(同社)と語る。

CEATEC JAPAN 2015(CEATEC 2015)

CEATEC JAPAN 2015特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.