ニュース
» 2015年10月16日 10時35分 UPDATE

インフィニオンやオンセミと交渉中?:フェアチャイルドも身売り検討か

Fairchild Semiconductor International(フェアチャイルド)が身売りを検討し、独Infineon Technologies(インフィニオン)や米ON Semiconductor(オン・セミコンダクター)との売却交渉に入ったと米メディアが伝えている。

[Peter Clarke,EE Times]

米Bloombergが伝える

 米メディアのBloombergは2015年10月14日(米国時間)、世界初のICメーカーとされる1957年設立企業と同名義を持つFairchild Semiconductor International(フェアチャイルド/以下、Fairchild)が身売りを検討し、売却先を見つけるため米証券会社Goldman Sachsと契約したと伝えた

 Fairchildは、コンピュータから産業機器、自動車など用途向けのミックスドシグナルICや電源ICを手掛けている。Bloombergは、匿名の情報筋によるものとして、Fairchildが、売却先として独Infineon Technologies(インフィニオン/以下、Infineon)や米ON Semiconductor(オン・セミコンダクター/以下、ON Semi)と交渉中だと報じている。なお、報道によれば、売却先と合意には至っておらず、売却期限が差し迫っているわけではないという。

 こうした報道を受け、Fairchildの株価は一時、14.50米ドルから17米ドル以上まで急上昇したが、16.35米ドルに落ち着き、同社の時価総額は約19億米ドルとなった。

 なお、Fairchildは2015年10月15日(米国時間)に2015年第3四半期業績を発表する予定だ。

 売却先の候補に挙がっているInfineonは、無線/有線通信向け事業を売却したのち、買収により事業規模を拡大。2015年初めにはInternational Rectifierを30億米ドルで買収している。

・関連記事:インフィニオン、IRの買収を完了

 ON Semiについても、2014年に、イメージセンサーメーカーのAptina、Turesenseの2社を買収するなど、積極的な買収策で事業規模を拡大してきている。

・関連記事:半導体メーカー上位10社入り目指す、オンセミの戦略

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.