トップ10
» 2015年10月24日 17時00分 UPDATE

EE Times Japan Weekly Top10:半導体業界再編に待ったなし? 相次ぐ買収報道

EE Times Japanで2015年10月17〜23日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

「EE Times Japan Weekly Top10」バックナンバー

 1位は「Microsoft、Appleに本格攻勢」、2位は「iPhoneも射程圏? IntelがCDMA技術を獲得」、3位は「フェアチャイルドも身売り検討か」がランクインしました。

 今回のランキングには、10月中旬までに相次いだ買収・売却報道が多くランクインしました。この中で、SanDiskについてはWestern Digitalが買収するとのニュースが発表されています。「Western Digital、SanDiskを190億ドルで買収」をご覧ください。

 特に注目したいのは、Fairchild Semiconductor International(フェアチャイルド)および、Analog Devices(ADI)とMaxim Integratedの動きでしょうか。両方とも信ぴょう性は決して低くないといわれています。とりわけADIとMaximについては、ある情報筋によれば、シリコンバレーでは既にうわさが飛び交っていたとのことです。両社ともアナログ・パワーを扱っていますが、どちらかといえばADIはアナログに強く、Maximはパワー関連に強い傾向があります。製品ラインアップや業績を考えてみても、両社の合併はまったくあり得ない話ではないのです。半導体業界の再編の動向から、まだ目が離せそうにありません。「半導体業界のM&A、2015年のペースは例年の6倍」「IntelのAltera買収は成功するのか――Xilinxの存在感が増す可能性も」「ソニー、ベルギーの画像センサーメーカーを買収」なども、お読みください。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.