メディア
ニュース
» 2015年10月26日 14時30分 UPDATE

「R-Carコンソーシアム」の定例イベント:ルネサスが競合とも手を取り、開発を進めるCIS (3/3)

[庄司智昭,EE Times Japan]
前のページへ 1|2|3       

2016年度3月末にはパートナーが200社に

 R-Carコンソーシアムは、前身となる「SH-Naviコンソーシアム」から設立11年目を迎える。2014年に約140社だった加盟社は、168社(2015年10月23日現在)となり、2016年度3月末には200社を超える見込みだという。「自動車の技術が複雑化したことで、自社だけの開発が難しくなた。R-Carコンソーシアムでパートナーと一緒にサポートをすることで、1社ではできなかったことが実現できる」(ルネサス車載情報システム事業部の事業部長を務める鈴木正宏氏)といった背景がある。

 カーナビ用プラットフォームとして展開が始まった「R-Car」であるが、「R-Car H2」など第2世代シリーズでは統合コックピット向けSoCとして進化。さらには、車載カメラネットワーク用SoC「R-Car T2」やV2X向け5.9GHz帯無線SoC「R-Car W2R」といったADASに求められる各種機能に特化したSoC製品の展開も始めた*)。第2世代R-Carシリーズは、2015年後半には全ての量産を開始する見込みで、既に多くの車やアフターマーケットに活用されているという。第3世代R-Carシリーズについては、「詳しくは話せないが、車の価値をより高くするUX(User Experience)の高い製品を展開することで、皆さんを『わっ』っと驚かせられると思う」(ルネサス)とし、現在開発を進めている段階にある。

*)関連記事:「ルネサス、V2X向け5.9GHz帯無線LSIを製品化」「ルネサス、車載カメラ映像を高速圧縮するSoC」

ts150123_RCAR06.jpg ルネサス車載情報システム事業部で事業部長を務める鈴木正宏氏(左)と、車載情報戦略部の部長である吉田正康氏(右)
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.