ニュース
» 2015年10月26日 16時45分 UPDATE

TEDの自社ブランド品を3社で共同拡販:TEDとトーメンエレ、豊通エレが共同ビジネス

東京エレクトロンデバイスとトーメンエレクトロニクス、豊通エレクトロニクスの3社は2015年10月26日、車載や産業機器分野で共同ビジネスを行うと発表した。

[竹本達哉,EE Times Japan]

車載、産業分野に対し、3社がinreviumを拡販

 東京エレクトロンデバイス(以下、TED)とトーメンエレクトロニクス(以下、トーメンエレ)、豊通エレクトロニクス(以下、豊通エレ)の3社は2015年10月26日、TEDの自社ブランド製品群「inrevium」(インレビアム)の拡販を共同で行うと発表した。トーメンエレ、豊通エレの2社では、inrevium関連売上高として2020年に20億円の計上を見込んでいる。

 inreviumは、FPGAを搭載した開発評価ボードをはじめ、システムLSI開発用IPやソフトウェアなどTEDが開発、製造する自社製品の総称。これまで、inreviumの販売は、販売代理店を置かずにTEDが自社で実施し、産業機器市場を中心に事業を行ってきた。

「inrevium」ロゴ「inrevium」製品 東京エレクトロンデバイスの自社製品ブランド「inrevium」のロゴ(左)と、inreviumの主力製品であるFPGA搭載開発ボード

 そうした中で、inrevium事業のさらなる拡大を目指すTEDでは2015年7月22日に、豊田通商傘下のエレクトロニクス商社であるトーメンエレ/豊通エレは、inreviumに関する販売代理店契約を締結。以後、共同でのビジネス開拓に向けた検討を行ってきたという。

相互の商材を生かした製品開発も

 検討の結果、3社は、車載分野、医療やFAといった産業機器分野で共同でビジネスを展開していくことで合意。車載分野は、トーメンエレ/豊通エレが得意とする用途分野であり、「inreviumのFPGA関連製品、ASICなどの技術を提供することにより、車載電子制御システムおよび、それら開発プロセスにおいて高機能化・高効率化の実現を目指す」(3社)とする。

 産業機器分野については、inreviumと各社の商材を組み合わせたソリューション開発を共同で実施する方針で、「顧客にとって最適なソリューションをワンストップで提供する」(3社)としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.