ニュース
» 2015年10月28日 10時30分 UPDATE

通信基地局やFA機器、モータ制御向け:耐圧80Vで効率最高レベル、ロームのDC-DCコン

ロームは、従来品に比べて高い電力変換効率を実現した耐圧80VのMOSFET内蔵DC-DCコンバータ「BD9G341AEFJ」を開発し量産を始めた。通信基地局やFA機器、モータ制御などの用途に向ける。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

 ロームは2015年10月、従来品に比べて高い電力変換効率を実現した耐圧80VのMOSFET内蔵DC-DCコンバータ「BD9G341AEFJ」の量産を始めた。通信基地局やFA機器、モータ制御などの用途に向ける。

 BD9G341AEFJは、0.6μmの高耐圧BiCDMOSプロセス技術を用いて製造する。非絶縁型DC-DCコンバータで耐圧80Vを実現した。入力電圧範囲は12V〜76Vに対応しており、通信基地局やFA機器の主な電圧帯となる48Vにおいて、突発的に生じるサージ電圧に対しても十分なマージンを確保することができる。出力電圧範囲は1.0〜VccVである。出力電流は最大3A。

tm_151027rohm01.jpg BD9G341AEFJの外観

 電力変換効率も高い。一般品と比べて、最大で19%、安定使用時において1.5%(発信周波数300kHz、電源電圧48V、出力電圧5V時)も電力効率を改善した。同社によれば「この数値は、耐圧80Vクラス品として業界最高レベル」だという。また、独自の保護機能により、出力ピンがショートした場合でも、発熱を抑えて製品の破壊を防止することができるという。

tm_151027rohm02.jpgtm_151027rohm03.jpg 一般製品に比べて電力効率は高い。その上、保護機能により信頼性を高めている (クリックで拡大) 出典:ローム

 パッケージは、外形寸法が4.9×6.0×1.0mmの8端子HTSOPで供給する。サンプル価格(税別)は600円となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.