トップ10
» 2015年11月07日 17時00分 UPDATE

EE Times Japan Weekly Top10:IoTの活用、“減災”に期待高く

EE Times Japanで2015年10月31日〜11月6日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

「EE Times Japan Weekly Top10」バックナンバー

 1位は「半径5m以内の機器を自動で充電!」、2位は「ルネサス「NXPのフリースケール買収は追い風」」、3位は「東芝 半導体リストラ、1200人が異動/退職へ」がランクインしました。

 今回、IoT(モノのインターネット)関連の記事が6位と7位に入っています。どちらにもキーワードとして含まれているのが「減災」です。「IP500」はドイツが主導する「IP500 Alliance」が推進する規格であり、欧州ではどちらというと、監視カメラなどのセキュリティ分野に注力するそうです。一方で、日本の「IP 500 Alliance Japan」では減災に生かすとしています。

 土の中にセンサーを埋めて、水分量や振動を計測して土砂崩れを予測する。橋やビルに取り付けてヘルスモニタリングを行う――。IoTを減災に生かすことは、人命に直接関わってくる分、「冷蔵庫や腕時計型端末が単にインターネットにつながり、データがクラウドにアップされる」という使い方よりも、説得力のあるものだと感じています。こうした用途が生まれていることを考えれば、IoTは“バスワードだ”といわれることも、そろそろなくなるかもしれません。「ビッグデータは“重ねて”見てこそ価値がある、NHK技研の可視化システム」「IoT実用化における7つの課題」なども、ぜひご覧ください。


関連キーワード

EE Times Japan Weekly Top10 | IoT | IP500


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.