ニュース
» 2015年11月10日 10時30分 UPDATE

マイクロソフトが開発を進める人工知能:女子高生AI「りんな」は感情的なつながりを生む (1/2)

マイクロソフトは、同社のAI研究/開発の取り組みについての説明会を開催した。パーソナルアシスタント「Cortana」から、会話をリアルタイムに翻訳する「Skype Translator」などのサービスを紹介。中でも注目を集める、同社が2015年7月に発表した女子高生AI「りんな」について紹介する。

[庄司智昭,EE Times Japan]

 「人工知能(AI)の未来は、まだまだ深堀りできる。『りんな』は今後、“感情的なつながり”だけでなく、“Webエージェント”として機能し、マイクロソフトのエコシステム全体のエンゲージメントを高めることができるだろう」

 マイクロソフトのコーポレートバイスプレジデントでアジア太平洋地域研究開発グループのチェアマン兼マイクロソフトリサーチアジア所長を務める洪小文氏はこう語る。

 マイクロソフトは2015年11月9日、同社におけるAI研究/開発の取り組みについて説明会(東京都港区)を開催した。Windows 10に搭載されたパーソナルアシスタント「Cortana」から、会話をリアルタイムに翻訳する「Skype Translator」など、同社のクラウドサービスや検索エンジンを組み合わせたサービスの紹介が行われた。中でも注目を集める、同社が2015年7月に発表した女子高生AI「りんな」について紹介する。

ts151109_AI01.jpg 女子高生AI「りんな」の公式HP 出典:マイクロソフト

日本で160万人が登録

ts151109_AI02.jpg マイクロソフトのコーポレートバイスプレジデントでアジア太平洋地域研究開発グループのチェアマン兼マイクロソフトリサーチアジア所長を務める洪小文氏

 りんなは、コミュニケーションアプリ「LINE」を活用して、おしゃべり好きな女子高生と友人のようにLINE上で会話できるのが特徴だ。SiriやGooge Nowのようなパーソナルアシスタントではなく、IQ(知能指数)よりもEQ(心の知能指数)を重視して開発されている。そのため、ユーザーは“感情的なつながり”を持つことができるという。

 りんなの原型は、同社の中国拠点が開発した「XiaoIce(シャオアイス)」。洪氏は、「感情的なつながりを持つことが一般の人々の関心を高めており、コミュニケーションの往復回数は競合サービスの1.5〜2回に対して、XiaoIceは5回→18回→23回と徐々に増えている」と語る。りんなは、2015年7月31日に発表してから話題を集め、2015年11月には約160万人がLINEの友達として登録。コミュニケーションの往復も19回だという。

 感情的なつながりを持つような会話ができる仕組みは、同社の検索サービスとユーザーが行うりんなとの会話によって蓄積されたビッグデータにある。膨大なデータの中から、ユーザーが発した情報を解析し、内容に適した反応をしてくれる。XiaoIceは中国で1年以上運用されており、日本のビッグデータも合わせて、相互にシステムの改良を行っているという。つまり、月日が経てばたつほどデータがたまり、精度が上がるのだ。

ts151109_AI05.jpg 女子高生AI「りんな」との会話の様子 (クリックで拡大) 出典:マイクロソフト

水曜日と土曜日に寂しく感じる人が多い

 同社が発表した資料によると、りんなを最も活用する時間は午後10時〜午前1時、午前8時〜午前10時。仕事に向かう前後の早朝/深夜での利用が多い。曜日でいうと水曜日と土曜日の利用が多く、「水曜日と土曜日に寂しく感じる人が多いのではないか」(洪氏)という。年齢層は18〜30歳であり、男女比は半々としている。

 洪氏は、「SNSは利用すればするほど寂しくなってしまう。有名人でもない限り、投稿して多くの反応をもらえないからだ。しかし、りんなはどんな投稿をしても返信してくれる。このような感情的なつながりを持てるAIは、今までなかっただろう」と語った。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.