ニュース
» 2015年11月13日 15時00分 UPDATE

IoT機器の開発を容易にするオールインワン型:WisReed対応通信モジュール、サブGHz帯を利用

富士通エレクトロニクスは、組込み機器向けWisReed通信モジュール「MSB1402」の受注を、2015年11月末より開始する。920MHz特定小電力無線帯域を利用したモジュールで、IoT機器用途に適している。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

 富士通エレクトロニクスは、920MHz特定小電力無線帯域を利用した組込み機器向けWisReed通信モジュール「MSB1402」の受注を2015年11月末より開始すると発表した。ユーザープログラムを同モジュールに搭載することで、比較的容易にIoT(モノのインターネット)機器を実現することができる。

 MSB1402は、富士通のスマートネットワーク技術「FUJITSU Intelligent Society Solution WisReed」(以下、WisReed)を用いたオールインワン型の通信モジュールである。2015年8月に発表した「無線センサーネットワーク評価キット」と同じRSIL(Register Synchronization Interface Library)インタフェースを搭載している。このため、評価キットで検証したソフトウェアなどは、今回のWisReed通信モジュールへシームレスに移行することができるという。

tm_151113fujitsu01.jpgtm_151113fujitsu02.jpg WisReed通信モジュール「MSB1402」の外観と、ソフトウェア構成イメージ図 出典:富士通エレクトロニクス

 MSB1402は、CPUコアとしてARM Cortex-M3を採用した他、A-DコンバータやPWM(Pulse Width Modulation)回路などを搭載している。また、インタフェースは4種類を備えている。WisReed通信方式でデータ送受信を行うための「通信制御用インタフェース」、シリアル通信及びA-Dコンバータ、GPIOなどの制御を行うための「リソース制御用インタフェース」、フラッシュメモリへの書き込みに用いる「ユーティリティインタフェース」、そして外部装置とUARTで接続するための「RSILインタフェース」である。MSB1402のサンプル価格(税別)は8500円である。

 なお、特定小電力無線モジュールはローム製の「BP35A1」を採用した。アンテナを内蔵したオールインワンタイプで、受信感度も−103dBm(100kbps、BER<0.1%)と業界トップクラスを実現している。高周波設計に関する十分な知識や経験がなくても容易に導入することが可能となる。

 富士通のWisReedは、設定が不要でネットワークを自動で構築することができる。何らかの障害が発生した場合には自己修復するなど、周囲のネットワーク環境に適応できる自律分散型ネットワーク技術である。用途などにもよるが、1台のゲートウェイに対して、1000ノード以上の大規模ネットワーク網を構築することも可能だという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.