ニュース
» 2015年11月16日 12時30分 UPDATE

普及価格帯モデル向けに最適化:ルネサス、エアコン向け第7世代IGBTを発表

ルネサス エレクトロニクスは2015年11月16日、エアコンの力率改善回路(PFC)向けパワー半導体として、同社第7世代IGBT(絶縁ゲート型バイポーラトランジスタ)技術を用いた新製品「RJP65T54DPM-E0」を発表した。

[竹本達哉,EE Times Japan]

 ルネサス エレクトロニクスは2015年11月16日、エアコンの力率改善回路(PFC)向けパワー半導体として、同社第7世代IGBT(絶縁ゲート型バイポーラトランジスタ)技術を用いた新製品「RJP65T54DPM-E0」を発表した。部分スイッチング方式のPFCに最適化したことが特長。同日、サンプル出荷を開始し、2016年3月からの量産を目指す。

 部分スイッチング方式とは、IGBTを一定期間オンさせて入力インダクタンスに強制的に電流を流すことで力率を改善させるPFCの1つの方式。高調波規制が厳しくなる中、エアコンの普及価格帯モデルに広く使用される。

 この部分スイッチング方式PFCの電力損失は、その大半をIGBTが占めるため、特に電力損失の少ないIGBTが求められる。

 これまでも部分スイッチング方式PFC用のIGBTを展開してきたルネサスでは、IH調理器やモーターインバータ用途で展開している第7世代IGBT技術と呼ぶ独自のIGBT基盤技術を用いて、部分スイッチング方式PFC用IGBTとなるRJP65T54DPM-E0を開発した。

tt151116Renesas001.jpg 薄ウエハー技術を駆使した第7世代IGBT技術を用いて開発した新しいIGBT「RJP65T54DPM-E0」(左) 出典:ルネサス エレクトロニクス

 第7世代IGBT技術は、薄ウエハー加工技術を駆使した技術で高効率化が図りやすい技術で、RJP65T54DPM-E0では、コレクタ−エミッタ間飽和電圧[VCE(sat)]を「業界最小レベル」(ルネサス)という1.35Vに抑えた。これにより「PFC回路の電力損失を大幅に削減できる」(同社)としている。

 その他、新製品は、低放射ノイズ特性を実現し、ノイズ低減フィルタを簡素化できるという。パッケージは、絶縁型フルモールドパッケージのTO-3PFを採用。これまで必要になった絶縁シートが不要になった。

 サンプル価格は、300円(税別)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.