特集
» 2015年11月18日 11時30分 UPDATE

5G PPP議長 Werner Mohr氏:5Gの課題は技術よりも「各社の意見の一致」 (1/2)

欧州において5G(第5世代)の技術開発を推進する5G PPP。議長を務めるWerner Mohr氏は、5Gの課題は、技術的な面よりも政治的な面にあるという。要件が複雑な5Gでは、どの技術を採用するかなどについて、関連各社や各研究所のコンセンサス(意見の一致)を得るのが非常に難しいと同氏は語る。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

欧州主導の5G推進団体

 5G PPP(5G Infrastructure Public Private Partnership)は、2013年12月に発足した5G(第5世代移動通信)推進団体だ。EU(欧州連合)による800億ユーロ規模の研究開発プロジェクト「Horizon 2020」の一環として進められている。5G PPPは、2014〜2020年にわたる7カ年プロジェクトで、予算としては7億ユーロが割り当てられている。5G PPPの議長を務めるWerner Mohr氏は「非常に大きなプロジェクト」と強調する。

 5G PPPでは、5G実現に向けた技術開発プロジェクトを、フェーズ1〜3までの3段階に分けて実施する。フェーズ1では、19件のプロジェクトが2015年7月にスタートした。応募があった75件の研究プロジェクトから、厳正な審査を経て選ばれたものだ。フェーズ2は2017年に、フェーズ3は2019年に始まる予定となっている。

 フェーズ1の19件のプロジェクトは、フロントホールとバックホール向けの技術、RFフロントエンドやアンテナ、A/DコンバータやD/Aコンバータといったハードウェアの設計技術、SDN(ソフトウェア無線)やNFV(ネットワーク機能の仮想化)、ネットワークオートメーション、セキュリティといった分野をテーマにしたものだ。プロジェクトとして行った研究開発の成果は、5G規格を策定する3GPPなどに提出される。つまり、5Gの仕様として採用される可能性もあることになる。

5G PPPのスケジュール 5G PPPのスケジュール。フェーズ(Phase)1〜3の時期が、3GPPのリリース14〜16に重複している。「3GPPの動きと足並みをそろえている」(Mohr氏)(クリックで拡大) 出典:5G PPP
5G PPPのスケジュール(その2) フェーズ1〜3で行われた5G関連の技術開発の結果は、3GPPに提出される(クリックで拡大) 出典:5G PPP
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.