ニュース
» 2015年11月19日 09時46分 UPDATE

“世界初のICメーカー”が売却へ:オンセミ、フェアチャイルドを24億ドルで買収へ

ON Semiconductor(オン・セミコンダクター)が、Fairchild Semiconductor(フェアチャイルドセミコンダクター)を24億米ドルで買収すると発表した。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 ON Semiconductorは2015年11月18日(米国時間)、Fairchild Semiconductorを買収することで合意したと発表した。買収額は1株当たり20米ドルで、24億米ドル(約2900億円)相当になる見込み。取引は全て現金で行われる予定だ。買収完了は、2016年第2四半期になるとしている。

 買収後のON Semiconductorは年間売上高50億米ドルを見込み、パワー半導体の分野では第2位のメーカーになるという。特に、車載、産業機器、スマートフォンに強みを持つことになると、同社は述べている。

 Fairchild Semiconductorは2015年10月に、売却先を探しているとの報道が流れた。その際、Infineon TechnologiesやON Semiconductorと売却の交渉を行っているとされた*)。1957年に設立されたFairchild Semiconductorは、世界初のICメーカーとされている。

*)関連記事:フェアチャイルドも身売り検討か

止まらないM&A

 2015年は活発なM&Aが続いてきたが、ここにきてまた1つ、大規模な買収が発表されることになった。米国の市場調査会社IC Insightsが2015年9月に発表したリポートでは、同月時点での買収案件が総額で726億米ドルに上っていた。これは、2010〜2014年の半導体業界における年間平均買収総額の約6倍に相当するという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.