ニュース
» 2015年11月24日 15時30分 UPDATE

最大64キーまで対応:ルネサス、待ち受け8μAのタッチキー用マイコン

ルネサス エレクトロニクスは、タッチキー操作機器の普及価格帯モデル向け32ビットマイコン「RX130グループ」を開発し、2015年11月24日よりサンプル出荷を開始すると発表した。

[庄司智昭,EE Times Japan]

 ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は、タッチキー操作機器の普及価格帯モデル向け32ビットマイコン「RX130グループ」を開発し、2015年11月24日よりサンプル出荷を開始すると発表した。最大64キーまでの拡張が可能となり、タッチキー搭載による配線の混雑が軽減でき、基板設計を容易にする。

 また、15kHz動作のオンチップオシレータを用いてローパワータイマを動作させ、定期的にスタンバイ状態から復帰してタッチ検出の有無を確認する。これにより、待ち受け電流約8μAを実現し、タッチキー搭載による消費電力の負荷を軽減するという。

 サンプル価格は、64Kバイト搭載のQFP 64ピンパッケージで、1個当たり250円(税別)。2016年3月から量産を開始し、2017年3月には月産50万個を予定としている。

ts151124_RENESAS01.jpg ルネサスのタッチキー向け32ビットマイコン「RX130」 (クリックで拡大) 出典:ルネサス

開発環境もバージョンアップ

 ルネサスは今回、タッチキーの感度調整をGUI(Graphic User Interface)操作だけで自動調整するツール「Workbench6」もバージョンアップ。開発ツールだけでなく、アプリケーションノート、ユーザーズマニュアル、リファレンスソフトなどの、開発に必要なソフトウェアや情報の入手を可能にする。Workbench6とマイコンのサンプル、評価ボードを使用することにより、すぐに動作確認と評価を行うことも可能だ*)

*)「Workbench6」を同梱したRX130タッチキー評価キットは、2016年2月に発売予定としている。

 ルネサスはこれまでに、高級白物家電や産業機器向けにセキュリティと通信機能を強化した「RX231グループ」、LCD表示機能やUSB通信機能を持ち、住宅設備機器、ヘルスケア機器に向けた「RX113グループ」を展開している。今回、RX130グループを加えたことで、幅広い用途でのタッチキー搭載が可能になるとした。

ts151124_RENESAS02.jpg ルネサスのタッチキー向けマイコンのラインアップ (クリックで拡大) 出典:ルネサス

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.