ニュース
» 2015年12月01日 16時25分 UPDATE

今後も譲渡先探るものの:ルネサス、高知工場の閉鎖方針を発表

ルネサス エレクトロニクスは2015年12月1日、高知工場を今後2〜3年以内に閉鎖または譲渡すると発表した。

[竹本達哉,EE Times Japan]

譲渡先なければ、2〜3年内に閉鎖へ

 ルネサス エレクトロニクスは2015年12月1日、高知工場を今後2〜3年以内に閉鎖または譲渡すると発表した。

 高知工場は、6インチウエハー対応の半導体前工程拠点で、ルネサスの完全子会社ルネサス セミコンダクタ マニュファクチュアリング(RSMC)が事業を実施している。

 2013年8月にルネサスが発表した工場再編策*)では「生産能力を縮小し、適正体格で運営継続」と位置付け、操業を続ける方針だった。しかし、ルネサスは「現状の生産負荷状況および、将来の生産負荷を再度検討した結果、当初想定以上に(生産負荷が)減少しており、収益性の維持が課題になっていた」という。

*)関連記事:鶴岡工場の閉鎖を決定したルネサス作田会長、「まだ人・モノが多い」

 ルネサスは、高知工場を存続させるべく生産効率化や他社への事業譲渡に向けた活動も行ったが生産負荷の減少を埋めるには至らず、工場閉鎖を伴う集約の方針を決定した。

 工場閉鎖に伴う社員の処遇は、今後、労使間で協議していく方針。ルネサスでは「高知県の協力を得て雇用が継続されるよう努力する」とし、「引き続き、集約後の高知工場の活用についても、高知県の協力を得て、譲渡先を確保するよう努力していく」としている。

 ルネサスの工場再編では、2016年3月末に閉鎖予定だった鶴岡工場(山形県鶴岡市/旧鶴岡東工場)に対しTDKが取得の意向を示し、2015年11月27日にTDKへ譲渡することで基本合意している。

*)関連記事:ルネサス、鶴岡工場をTDKに譲渡へ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.