ニュース
» 2015年12月04日 09時30分 UPDATE

テーマは「IoT/CPSに貢献する電子デバイス」:SEMICON Japan 2015、NEDOは何を展示する?

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、2015年12月16〜18日に開催される「SEMICON Japan 2015」で、最新の研究開発成果や実用化事例を展示すると発表した。

[庄司智昭,EE Times Japan]

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、2015年12月16〜18日に東京ビッグサイトで開催される「SEMICON Japan 2015」で、IT/エレクトロニクス分野の研究開発成果や実用化事例を展示すると発表した。

 NEDOの展示テーマは、「IoT/CPSに貢献する電子デバイス」。将来的な市場規模が300兆円以上と試算されるIoT(モノのインターネット)市場に対して、新しい可能性に挑戦する姿を見てほしいという。

 CPS(Cyber Physical Systems)とは、センサーを介して実世界のデータをネットワークに取り込み、そこで得られた情報や価値で産業の活性化を図ることを意味する。具体的には、次世代インタフェースや3次元実装の設計技術などを展示するとしている。

ts151204_NEDO01.jpgts151204_NEDO02.jpg 左=3次元実装の設計技術/中=積層チップ断面/右=次世代インタフェース 出典:NEDO

 NEDOの展示概要は次の通り。

  • 3次元実装技術:デバイスの小型化、低消費電力化、高速化を高いレベルで実現するための3次元実装技術
  • インタフェース:可視光半導体レーザー技術を活用した、革新的なレーザーヘッドマウントディスプレイ
  • 熱発電デバイス:自動車エンジン排熱などの中温度域熱エネルギーを高効率に回収する熱発電デバイス
  • パワーデバイス:SiC(炭化ケイ素、シリコンカーバイト)を搭載し、大幅な小型化、省エネ化を実現するPCU(Power Control Unit)

SEMICON Japan2015(セミコンジャパン 2015)

SEMICON Japan2015特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.