ニュース
» 2015年12月09日 10時30分 UPDATE

市販製品への早期応用に期待:CIS薄膜系太陽電池、過去最高の変換効率を達成

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ソーラーフロンティアとの共同研究により、CIS薄膜系太陽電池のセルで変換効率22.3%を達成したと発表した。

[庄司智昭,EE Times Japan]

世界記録から0.6ポイント向上

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2015年12月8日、ソーラーフロンティアとの共同研究により、CIS薄膜系太陽電池のセルで変換効率22.3%を達成したと発表した。今までの世界記録である21.7%から0.6ポイント向上した結果となっている。

 同研究は、ソーラーフロンティアが太陽光を吸収するCIS光吸収層における表面部分の品質向上や太陽電池内部の境界面の形成技術改良に取り組んで実現された。太陽電池の変換効率を公的に測定して認証するドイツのフラウンホーファー研究機構で検証を行い、変換効率22.3%を達成したという。この変換効率は、薄膜系太陽電池に比べて高性能といわれる多結晶シリコン系電池においても、未達成である。

ts151209_NEDO01.jpg CIS系薄膜太陽電池のイメージ 出典:NEDO

 今回作製されたCIS系薄膜太陽電池のセル(約0.5cm2)に用いた製法は、ソーラーフロンティアの主力工場である国富工場(宮崎県東諸県郡国富町)で採用している技術と同じ製法。量産にも適しているため、市販製品(90cm×120cm)への早期応用が期待だ。

 ソーラーフロンティアは今後、大面積での面内均一性と製造プロセス再現性の確認のために検証を行うという。なお、同研究は、NEDOの「太陽光発電システム次世代高性能技術の開発」プロジェクトの成果である。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.