ニュース
» 2015年12月10日 10時30分 UPDATE

Freescale買収も事業重複「一切なし」:1+1を4にする! 新生NXPの日本法人が会見 (1/2)

NXP Semiconductorsの日本法人は2015年12月9日、Freescale Semiconductorの買収、統合後の事業戦略に関する説明会を実施した。

[竹本達哉,EE Times Japan]

 NXP Semiconductorsの日本法人は2015年12月9日、同年12月7日(米国時間)に実施したFreescale Semiconductorの買収、統合*)に関するメディア向け説明会を都内で開催した。

*)関連記事1:NXPとFreescaleの合併が完了
  関連記事2:FreescaleとNXPの合併から学ぶべきこと

 日本法人NXPセミコンダクターズ ジャパンの社長を務める原島弘明氏は、「旧Freescale、旧NXPで事業の重複は一切なく、(互いの製品を互いに売る)クロスセリングですぐに“1+1=2”になり、2+αも見込める。その後、ソリューション開発を行いさらに+αを上積みして、将来的には1+1を“4”にする」と新生NXPとしての目標を口にした。

tt151210NXPNEW001.jpg 会見したNXPセミコンダクターズ ジャパン 社長の原島弘明氏

最大の強みは「競争力のある強力な製品ポートフォリオ」

 新生NXPの売り上げ規模は、約46億米ドルのFreescaleの統合で、100億米ドルを突破する公算。メモリを除いた半導体市場で、Intel、Samsung Electronics、Texas Instrumentsに次ぐ、業界第4位のメーカーとなった。

tt151210NXPNEW002.jpg 新生NXPの事業概要 (クリックで拡大) 出典:NXPセミコンダクターズ ジャパン

 その新生NXPの最大の強みは「競争力のある強力な製品ポートフォリオ」(原島氏)だ。

 「以前から、NXPは『Secure Connections for a Smart World』(よりスマートな世界を実現するセキュア・コネクション)というコンセプトを掲げ、このコンセプトを実現するための事業を展開してきた。今回、Freescaleの統合により、このコンセプトに必要でデバイス・技術は全てそろった」と言い切った。

tt151210NXPNEW003.jpg 『Secure Connections for a Smart World』(よりスマートな世界を実現するセキュア・コネクション)というコンセプトを掲げた事業展開を継続する (クリックで拡大) 出典:NXPセミコンダクターズ ジャパン
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.