ニュース
» 2015年12月11日 11時30分 UPDATE

ON Semiconductorを上回る金額を提案:中国企業がFairchildの買収合戦に乗り出す

ON Semiconductorによる24億米ドルの買収提案を受け入れたばかりのFairchild Semiconductor Internationalに、中国政府系企業が買収を持ちかけてきたという。ON Semiconductorを上回る24億6000万米ドルを提示したとされている。

[Dylan McGrath,EE Times]
イメージ画像

 ある中国政府系企業が、半導体メーカーFairchild Semiconductor International(以下、Fairchild)の買収合戦に参入してきたという。Fairchildは2015年11月に、ON Semiconductorからの買収オファーを受け入れたばかりだ。

 Fairchildは2015年12月8日(米国時間)、約24億6000万米ドル(1株当たり21.7米ドル)での敵対的買収の申し出を受けたことを明らかにした。ON Semiconductorが2015年11月18日に発表した買収金額は、約24億米ドルだった。

 Fairchildは、買収を提案してきた企業名については明かしていない。Bloombergの報道によれば、今回の買収提案は、中国の国営企業であるChina Resources Holdingsや、投資企業Hua Capital Managementなどを含む、コンソーシアムによって行われたとされている。Hua Capital Managementは2015年4月に、OmniVision Technologiesを買収すると発表していたが、その手続きは現在もまだ完了していないという。

 Fairchildは、今回の予期せぬ買収提案について、取締役会で法律顧問や財務顧問とともに検討する予定だという。ただし取締役会としては、ON Semiconductorからの買収提案を受け入れる姿勢を崩すつもりはないとしている。

相次ぐM&A

 2015年の半導体業界では、合併買収が記録的に増加している。今回の中国企業による買収提案も、そのさなかに提示されたものだ。米国の市場調査会社であるIC Insightsによると、半導体業界で2015年に発表された合併買収の合計金額は、1020億米ドルを少し上回るまでに増加したという。

 近年、企業規模や対応範囲の拡大を狙う半導体メーカー各社が、半導体企業をめぐる買収合戦をごく普通に繰り広げるようになってきた。買収ターゲットとなる企業の数が減っていることから、買収価格は徐々に上昇してきている。

買収合戦に積極的な中国

 今回の買収合戦では、半導体業界へのより一層の進出を狙う中国国営企業の存在が、あらためて強調されたといえる。別の中国企業コンソーシアムは、Integrated Silicon SolutionsをめぐってCypress Semiconductorと買収合戦を繰り広げた。結局、中国企業コンソーシアムが買収することになり、2015年12月7日に完了したところだ。

 さらに別の中国国営企業も2015年初めに、メモリチップメーカーであるMicron Technologyを230億米ドルで買収するとの提案を非公式で申し出ている。しかし最終的には、外国投資委員会(CFIUS:Committee on Foreign Investment in the U.S)による認証を得られないとの懸念を理由に、交渉は決裂に終わったという。

 Bloombergの報道によると、中国政府は、現地企業や報道機関に向けて、「中国の半導体産業の拡大に向けて、今後10年間で1500億米ドル以上を投じていく予定だ」とする声明を発表したとされている。

 Fairchildは、1957年に設立された最も歴史ある優れた半導体メーカーの1つだ。1987年にNational Semiconductorによって買収されたが、1997年には再び独立企業としてスピンアウトされたという経歴を持つ。

【翻訳:田中留美、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.