特集
» 2015年12月15日 13時00分 UPDATE

引き続き、自動車には高い注目が:「CES 2016」の見どころは? アナリストに聞く (1/3)

世界最大規模の国際家電ショー「2016 International CES(CES 2016)」の開幕が約3週間後に迫っている。2015年のCESに続き、ことしも自動車関連の展示は大いに盛り上がると予想されている。一方で、スマートフォン関連の展示は、目新しいものが比較的少ないとの見方もある。

[Jessica Lipsky,EE Times]
CESのロゴ 「CES」の新しいロゴ

 「2016 International CES(以下、CES 2016)」が2016年1月6〜9日に開催される。そこで何か大きな目玉が登場するのかどうかは、今のところまだ分からない。しかし、プロセッサやネットワーキングが進化し続けることによって、ドローンやウェアラブル機器などのさまざまな製品の性能が向上していくという点に、確実に注目が集まるとみられる。

 技術コンサルティング企業のCreative Strategiesでプレジデントを務めるTim Bajarin氏は、「CES 2016では、自動車から住宅に至るあらゆる分野においてコネクティビティが拡大していくことにより、さまざまな市場が再編成されていくという点に焦点が当てられるだろう。これについては、CES 2016の主催者が最近、自らの名称を『Consumer Electronics Association』から『Consumer Technology Association』に変更したということからも、よく分かるのではないだろうか」と述べている。

 同氏は、EE Timesの取材に対し、「もう1つの重要なトレンドとして挙げられるのが、実際の展示フロアがどのように再構成されるのかという点だ。過去のCESでは、さまざまな産業分野ごとにエリアを割り当てられていたが、最近では、それがひとくくりになっている。幅広い産業分野の展示が披露され、人々の生活に影響を及ぼす技術のあらゆる側面について紹介する方向へと大きく変化している」と述べている。

2015CESで展示されたドローン 「2015 International CES」で展示されたドローン

 例えば、Parrotの「Bebop 2」のように、より高性能なカメラを搭載し、さらなる小型化を実現したドローンや、コンシューマ/ヘルスケア向けIoTデバイスの他、MicrosoftのAR(拡張現実)ヘッドセット「HoloLens」に影響を受けたARウェアラブルデバイスなど、さまざまな機器を会場で目にすることができるだろう。

自動車への注目度は、引き続き高く

 Bajarin氏は、「私自身が最も興味深いと考える傾向を1つ挙げるとするなら、自動車業界全体の動向をCESで見ることができるという点だ。自動車業界にとっては、コネクテッドカーを実現することこそが、次の新たな出発点となる」と述べる。

 CES 2016では、自動車業界に焦点を当てた2つのカンファレンストラックが予定されている。そこでは、自動車とスマートフォンを接続することによって、どのようにアプリの使い勝手や自動車のユーザーインタフェースを向上させ、未来の自動運転車を実現することができるのかについて、議論が行われる。

 Bajarin氏は、「CES 2016では、何らかの重要な発表が行われることはないだろう。企業は通常、そのような重大発表については、独自に開催するイベントのために確保しておくからだ。しかしCES 2016の会場では、メーカー各社がそれぞれの技術的進歩を披露することができるよう、中央の一番目立つ場所が提供されるようだ。自動車メーカーは、次なる目玉とされる自動運転車の前段階として、さまざまなコネクテッドカーを披露するだろう」と述べている。

 同氏は、「半導体メーカーの中で最も注目を集めているのが、NVIDIAだ。Audiの新型『アウディTTクーペ』では、NVIDIAのクアッドコアプロセッサ『Tegra 3』が2品種採用されている。NVIDIAは、自動車ディーラーとの協業による展示だけを唯一披露するという。同社は数多くのデザインウィンを獲得しているが、自動運転車向けのものが増えているようだ」と述べる。

Audi NVIDIAのチップを搭載したAudiの新型『アウディTTクーペ』。画像は「Los Angeles Auto Show」の「Connected Car Expo」で展示されたもの 出典:NVIDIA
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.