ニュース
» 2015年12月16日 10時30分 UPDATE

2015年の微減からプラス成長へ:世界半導体製造装置市場、2016年は1.4%増へ (1/3)

SEMIジャパンは、半導体製造装置の市場予測や展示会「SEMICON Japan 2015」に関する記者説明会を開催した。半導体製造装置販売額は、2015年に前年比0.6%減の373億米ドルを予測。2016年は1.4%増の378億米ドルとプラス成長に転じる見通しだ。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

 SEMIジャパンは2015年12月15日、半導体製造装置の市場予測や展示会「SEMICON Japan 2015」に関する記者説明会を東京都内で開催した。2015年の半導体製造装置販売額は、前年比0.6%減の373億米ドルを予測。2016年は1.4%増の378億米ドルと、わずかながらプラス成長に転じる見込みである。

SEMIのグローバルバイスプレジデントを務めるJonathan Davis氏 SEMIのグローバルバイスプレジデントを務めるJonathan Davis氏

 SEMIのグローバルバイスプレジデントを務めるJonathan Davis氏は、世界の半導体IC市場動向や半導体製造装置の2016年市場予測などについて紹介した。SIA/WSTS、IC Insightsなどの調査によれば、世界の半導体IC市場は2013年に3000億米ドルを超えた。それ以降は安定成長しているものの、「これまで半導体IC需要をけん引してきたPCやスマートフォン、タブレット端末の需要が軟調傾向にある」(Davis氏)ことから、2015年は3360億米ドルと、前年比横ばいにとどまる見込みだ。その後は、2016年に3410億米ドル、2017年には3520億米ドルとプラス成長に転じる予測となっている。

世界の半導体IC市場の実績と予測 世界の半導体IC市場の実績と予測 (クリックで拡大) 出典:SEMI

投資競争は規模拡大から先端技術へ

 世界半導体工場における製造能力は、2003〜2007年に300mmウエハー対応工場への投資が相次いだこともあり、大きく拡大した。しかし、2012年以降は28/20nm対応あるいはそれ以降の微細な製造ラインへのアップグレードなど、技術革新に対する投資が増加しており、「製造能力自体は1桁台前半の伸びにとどまっている」(Davis氏)という。半導体メーカー同士の吸収/合併などが進み、企業数も減ってマーケットシェアを競うことが少なくなったことも、その要因の1つではないかと分析する。

 200mmウエハー対応工場の動向についても触れた。IoT機器向けや車載機器、産業機器向けの各種センサーデバイス、アナログICなどの需要が拡大し、200mmウエハーを用いた製造ラインに注目が集まっている。「最先端技術ではないが、200mmウエハーを用いて製造する半導体デバイスの需要はこれからも続く。興味深い分野である」(Davis氏)と話す。ウエハーサイズ別の装置投資額をみると、200mmウエハー対応ライン向けは約10%を占めるという。

tm_151215semi03.jpg 世界の200mmウエハー対応工場数と製造能力の推移 (クリックで拡大) 出典:SEMI
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.