ニュース
» 2015年12月22日 09時30分 UPDATE

コストは1/10以下、消費電力は約1/15を実現:ホワイトスペース対応のベースバンドIC開発

情報通信研究機構(NICT)ワイヤレスネットワーク研究所は、テレビ帯におけるホワイトスペースで無線LANを利用することができるベースバンドICの開発に成功した。IC化により、小型で消費電力が小さい通信装置を実現することができる。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

 情報通信研究機構(NICT)ワイヤレスネットワーク研究所は2015年12月、テレビ帯におけるホワイトスペースで無線LANを利用することができるベースバンドICの開発に成功したことを発表した。同時に同IC搭載のカード型データ通信装置も試作した。IC化により、小型で消費電力が小さい通信装置を実現することが可能となった。

 開発したベースバンドICは、ホワイトスペースを利用する無線LANの国際標準規格「IEEE802.11af」に準拠している。これまでFPGAで実現していたベースバンド処理部をIC化することで、通信装置の小型化、消費電力やコストの節減などを可能とした。

tm_151221nict01.jpg ホワイトスペース無線LAN対応ベースバンドICと実装基板 出典:情報通信研究機構

 新開発のベースバンドICを搭載したカード型データ通信装置も試作した。UHF帯のアンテナを一体化している。市販のノートPCなどとUSBコネクタで接続することができ、USB給電により通信が行える。カード型データ通信装置は、これまでに開発したボックス型のデータ通信装置に比べて、サイズを約1/40に小型化、重さは約1/30に軽量化している。さらに、消費電力は約1/15、試作開発のコストは1/10以下に抑えている。

tm_151221nict02.jpg ベースバンドICを搭載したカード型データ通信装置の試作機 出典:情報通信研究機構
tm_151221nict03.jpg 試作したカード型データ通信装置と従来のボックス型通信装置の仕様比較 出典:情報通信研究機構

 カード型データ通信装置は、アクセスポイント及びステーションのいずれにも使用することが可能となっている。このため、複数のカード型データ通信装置を用いれば、ホワイトスペース無線LANネットワークを容易に設置することができ、トラフィックが集中しても効率的に分散することが可能となる。

 送信信号の波形は、各国のテレビホワイトスペースにおける法規制に準拠している。例えば、英国の規制では100mW、米国の規制では50mWの送信電力でそれぞれ通信を行うことが可能だ。また、IEEE802.11af規格で定めているBPSKとQPSKに対応しており、2台使用すれば、通信速度は最大約2.6Mビット/秒を実現することができる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.