ニュース
» 2016年01月05日 10時00分 UPDATE

Intelの事業本部として出発:Intel、Alteraの買収完了を発表

Intelは2015年12月28日(米国時間)、FPGA大手のAlteraの買収を完了したと発表した。

[竹本達哉,EE Times Japan]

買収額167億米ドル

 Intelは2015年12月28日(米国時間)、FPGA大手のAlteraの買収を完了したと発表した。Alteraは、今後、Intelのプログラマブル・ソリューション事業本部に移管され、Alteraブランドを継続しつつ事業を展開する。

 IntelによるAlteraの買収は2015年6月に合意に達し、買収完了までには「6カ月〜9カ月を要する」としていた。買収額は、167億米ドルで、Intelとして過去最大の買収事案だ。

 Alteraが移行するプログラマブル・ソリューション事業本部のトップには、AlteraのDan McNamara氏がIntel副社長を兼務する形で就任した。同事業本部では、FPGA事業の強化とともに、「高度にカスタマイズ・統合された次世代の製品やソリューションを提供するためにインテルのデータセンター事業本部やIoT事業本部とも緊密に連携していく」(Intel)としている。

 McNamara氏は、「新たにIntelの一員として、われわれは市場をリードするプログラマブルロジックデバイスを製造し、今日の顧客が体験しているよりもさらに幅広い機能を実現していく。Alteraの業界をリードするFPGA技術や顧客サポートと、インテルの世界レベルの半導体製造技術を組み合わせることで、顧客はこれまでにない性能と電力効率を兼ね備えた次世代の電子システムを構築することができる」とリリースで語っている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.