ニュース
» 2016年01月06日 10時30分 UPDATE

次世代アナログ電源ICの研究開発を加速:トレックス、米国シリコンバレーに開発拠点開設

トレックス・セミコンダクターは、次世代アナログ電源ICの研究開発を強化するため、米国・シリコンバレーにR&Dセンターを開設する。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

2016年4月開設予定

 トレックス・セミコンダクターは2016年1月、米国・シリコンバレーにR&Dセンターを開設すると発表した。次世代アナログ電源ICの研究開発を強化する。

 同社の米R&Dセンター開設は2016年4月を予定している。これに先駆けて、すでにTOREX USAでは、先行開発のためのマーケティング活動を始めた。シリコンバレーは半導体・コンピュータ関連の技術開発で、常に世界をリードし続けてきた。ここに研究開発拠点を設けることで、付加価値の高いアナログ電源ICの開発を加速するとともに、北米での事業を拡大していくことを狙いとする。

国内エンジニアを交代で駐在させ技術力底上げ

 R&Dセンターには、エキスパートエンジニアを駐在させるとともに、優秀な技術者の現地採用も含めて人員の拡充を行っていく。また、国内のエンジニアを交代でR&Dセンターに駐在させることで、トレックスグループにおける技術水準の底上げを図っていく。さらに、他社との協業なども一段と強化していく方針である。

 同社は、高効率アナログ電源ICと電源設計ソリューションを提供している。同社の製品は産業機器やカーアクセサリー製品、通信機器、PC、ウェアラブル機器などに搭載されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.