ニュース
» 2016年01月07日 15時00分 UPDATE

首位の車載用IC後工程事業を海外でも拡大:アムコー、ジェイデバイスを完全子会社化

Amkor Technology(以下、アムコー)は、ジェイデバイスの株式を追加取得し、完全子会社化した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

「必然的な帰結」(ジェイデバイス)

 Amkor Technology(以下、アムコー)は2016年1月、ジェイデバイスの株式を追加取得し、完全子会社化したと発表した。

 大手の半導体後工程会社であるアムコーは、公表済みのオプション権を行使して、ジェイデバイスの株式を2015年12月30日付で追加取得した。保有比率はこれまでの65.7%から100%となり完全子会社となった。これにより、アムコーの年間売上高は連結ベースで、約8億米ドルが上乗せされることになる。

 アムコーの社長兼CEO(最高経営責任者)を務めるSteve Kelly氏は、「半導体後工程事業者として、連結ベースの売り上げ規模で、世界第2位の地位を確固たるものとする。連結売上高を自動車関連に絞ると、2015年はおよそ4億5000万米ドルとなる。この売上高は後工程事業者では世界最大規模となる」とコメントとした。

 ジェイデバイスの社長を務める仲谷善文氏は、「ジェイデバイスとアムコーの完全統合は、6年前にスタートした両社の合弁関係の必然的な帰結と言える。当社は車載用IC後工程のリーディングカンパニーであり、これまで主体となってきた国内顧客に加えて、海外市場で事業を拡大する絶好のチャンスと認識している」とコメントした。

関連キーワード

車載 | | 子会社化 | 海外 | 半導体


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.