ニュース
» 2016年01月13日 10時00分 UPDATE

パルス酸素濃度と心拍数を計測可能:医療用ウェアラブル向け統合型センサー、マキシム

Maxim Integrated Productsは2016年1月13日、パルス酸素濃度と心拍数を計測できる医療用ウェアラブル機器向け統合センサーモジュール「MAX30102」を発表した。

[庄司智昭,EE Times Japan]

 Maxim Integrated Products(以下、マキシム)は2016年1月13日、医療向けウェアラブル機器やフィットネス用アプリなどに適する統合型センサーモジュール「MAX30102」の出荷を開始した。MAX30102は赤色と赤外線LED、フォトディテクタ、光学素子、環境光除去機能を備えた低ノイズ電子回路を内蔵していることにより、動脈血の酸素飽和度を測定するパルス酸素濃度と心拍数を計測できる。

 14ピン光モジュールで提供され、サイズは5.6×3.3×1.55mm。1.8Vの単一電源と内蔵LED用の5V電源で動作し、−40〜85℃の範囲で動作を保証している。これにより、ウェアラブル機器の省スペース化と市場投入までの時間を短縮することが可能という。

 価格は、4.13米ドル(1000個購入時単価)。「モジュールと加速度計を内蔵した評価プラットフォームとソフトウェアも提供している」(同社)とした。

従来製品より消費電力を10分の1以下に低減

ts160113_maxim01.jpg 医療向けウェアラブル機器に適する統合センサーモジュール「MAX30102」 (クリックで拡大)

 MAX30102は、指先で継続的(5〜15分間隔)にパルス酸素濃度や心拍数を測る医療向けウェアラブル機器やフィットネスアプリ向けに開発されている。統合型センサーモジュールとしては第4世代の製品となるが、従来はスマートフォンなどモバイル端末向けの製品だった。

 同社は、「モバイル端末はセンサーの利用頻度が少なく、かつ、大容量のバッテリーを備えていたため、そこまで消費電力を下げる必要はなかった。しかし、ウェアラブル機器は継続的に動作する上、バッテリーも小さく消費電力をおさえなければいけなかった」と語る。

 MAX30102は赤色と赤外線LEDの他に、フォトディテクタ、光学素子、環境光除去機能を備えた低ノイズ電子回路を内蔵。「今まで積み上げてきたノウハウによって、光学的なLEDパッケージングを効率よくできた。これにより、従来製品よりサイズを15%小さくし、消費電力を10分の1以下に低減した。従来の医療用ウェアラブル機器の開発は、ディスクリートを組み合わせる設計が行われてきた。しかし、今後は統合型モジュールが取って代わるだろう。MAX30102は、統合型センサーモジュールとして最も性能が良く、ウェアラブル機器のデザインイン工程を容易化するシステムを提供する」(同社)という。

ts160113_maxim03.jpgts160113_maxim02.jpg 「MAX30102」と評価プラットフォームを活用したデモの結果。指で指されている部分、上の赤色の線が赤色LED、下の青色の線が赤外線LEDから得られたデータを示している。そのデータの増減によって心拍数を、SN比をとったデータによってパルス酸素濃度を計測しているという (クリックで拡大)

今後は緑色LEDを内蔵した製品も展開

 同社は、2016年3月にMAX30102の次の製品として「MAX30101」を展開する予定。MAX30101は、MAX30102とサイズは同じだが、赤色/赤外LEDに加え、緑色LEDを内蔵している。これにより、激しい動きを伴う場合でも正確な計測が可能としている。

 なお、MAX30102は、2016年1月13〜15日に東京ビッグサイトで開催するウェアラブル端末の活用と技術の総合展「ウェアラブルEXPO」の丸文ブースで展示される。

特集 ウェアラブル

SEMICON Japan2015特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.