ニュース
» 2016年01月22日 10時30分 UPDATE

オムロンがデモ展示:±5cmを検知するセンサーは何に応用できるのか (1/2)

オムロンは、2016年1月13〜15日に東京ビッグサイトで開催された「ウェアラブルEXPO」で、±5cmに相当する±0.6Paの気圧変化を検知する「絶対圧センサー」を展示した。

[庄司智昭,EE Times Japan]

センサー、ASIC、パッケージまでを自社で開発

 オムロンは2016年1月12日、±5cmに相当する±0.6Paの気圧変化を検知する「絶対圧センサー」を発表した。同社は、2015年1月13〜15日に東京ビッグサイトで開催された「ウェアラブルEXPO」で、同絶対圧センサーを活用した応用例のデモ展示を行った。

 同絶対圧センサーは、気圧を検知するMEMSセンサーチップと信号を処理するICチップによって構成されている。MEMSセンサーチップの空洞部分に貼られているダイアフラムという膜の大気圧による変化を、ピエゾ素子が検知することで圧力を計測できる。

ts160120_OMRON01.jpg 絶対圧センサー。パッケージの大きさは、2.0×2.5×0.85mmである (クリックで拡大)

 同社は、±5cmを検知可能にした要因として「当社はセンサーからASIC、パッケージまで自分たちで開発を行っている。これにより、ダイアフラムの可動領域を拡大し、MEMSセンサーチップの高感度化を実現できた。また、ICチップにデジタルフィルターを内蔵し、ノイズも低減できた」と語る。従来製品より10倍の高精度化を実現している。

姿勢を検知して血圧計に応用へ

 ここからは、ウェアラブルEXPOで行われていたデモの様子を写真で紹介する。

ts160120_OMRON04.jpg 血圧計に絶対圧センサーを搭載 (クリックで拡大)
ts160120_OMRON05.jpg 絶対圧センサーが血圧計の位置を検出する。血圧を計測するときに、腕が正しい高さに位置しているかどうかを検知するデモだ。タブレット内の赤い線が、事前に設定された正しい位置。同じく青い線が、現在の血圧計の位置である。写真では正しい位置よりも低くなっているため、バツ印が出ている。他にも、「ドローンの位置検出やリハビリ支援などに応用できるだろう」(同社)とした (クリックで拡大)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.