ニュース
» 2016年02月02日 10時00分 UPDATE

16nm UltraScale+ファミリ全てが入手可能に:ザイリンクス、16nmハイエンド「Virtex」を出荷

Xilinx(ザイリンクス)は、TSMCの16FF+(16nm FinFET プラス)プロセスを用いたハイエンド向けFPGA「Virtex UltraScale+ FPGA」を顧客向けに出荷を開始したと発表した。

[庄司智昭,EE Times Japan]

 Xilinx(ザイリンクス)は2016年1月28日(米国時間)、TSMCの16FF+(16nm FinFET プラス)プロセスを用いたハイエンドFPGA「Virtex UltraScale+ FPGA」を発表した。

 これにより、同社が展開するCPUコア搭載型FPGA「Zynq UltraScale+ MPSoC」と「Kintex UltraScale+ FPGA」に続いて、16nmプロセスを採用した「UltraScale+」3つのファミリ全ての入手が可能となった。出荷を開始しているUltraScale+は既に、60社以上の顧客にデバイス/ボードの出荷を開始しているという*)

*)関連記事:ザイリンクス、16nm世代FPGA「Zynq」を出荷

ts160202_Virtex01.jpg 16nmプロセス採用「UltraScale+」ファミリのイメージ 出典:Xilinx

データセンターや航空宇宙分野向け

 Virtex UltraScale+ FPGAは、32Gバイト(GB)のトランシーバー、PCI Express Gen 4内蔵コア、UltraRAMなどの機能を搭載。データセンターやテラビットワイヤード通信、航空宇宙/防衛などの分野で要求される性能や集積度を備えているとした。

 プログラマブル製品グループ担当エグゼクティブバイスプレジデントのVictor Peng氏は、「ザイリンクスは、28nm、20nm、16nm プロセスと3世代続けて業界に先駆けて、最先端製品を発表した。これは、業界で最先端となる製品を最も早く市場に提供するという、ザイリンクスの持続的な取り組みを表すものである」とコメントしている。

 Virtex UltraScale+ FPGAは、既に出荷を開始。同社は、「UltraScale+ ポートフォリオは、28nmデバイスファミリと比較して、単位ワット当たりのシステム性能を2〜5倍向上させることを実現した」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.