ニュース
» 2016年02月04日 14時00分 UPDATE

工場設備機器の稼働状況などをクラウド側で管理:アドバンテックと日本IBM、IoT関連で協業

アドバンテックと日本IBMは、製造現場などに向けたIoT(モノのインターネット)プラットフォームとソリューションを提供していくために協業する。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

 アドバンテックと日本IBMは2016年2月、製造現場などに向けたIoT(モノのインターネット)プラットフォームとソリューションを提供していくために協業することを発表した。

 アドバンテックは、シリアル通信やイーサネット、アナログ及びデジタルI/O、ワイヤレスセンサーノードなどを介して、製造現場などでデータを収集するためのIoT向けハードウェアソリューションを提供している。また、これらのデータを活用するためのデータマネジメント機能や、ハードウェアの状態監視が行えるデバイスマネジメント機能を、クラウド側から利用できるPaaS(Platform as a Service)ソリューション「WISE-PaaS」を用意している。

 今回の協業により、アドバンテックのWISE-PaaSと、日本IBMが提供するクラウド基盤「SoftLayer」もしくはPaaS「IBM Bluemix」を連携させる。これによって、製造現場で収集した情報をベースに、工場設備機器の稼働状況などをクラウド上で可視化し、生産効率の高い工場運営を可能とするスマートマニュファクチャリング向けIoTソリューションを提案していく。

 なお、協業によって実現したソリューションは、日本IBMの顧客/ビジネスパートナー向け施設である「IBM Client Experience Center」内の「IoT Experience Garage」で体験することができるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.