ニュース
» 2016年02月05日 19時18分 UPDATE

一部報道受けて声明:シャープ、“鴻海への優先交渉権報道”を否定

シャープは、「シャープが鴻海に優先交渉権を与えた」との一部報道を否定するリリースを2016年2月5日夕刻、発表した。

[竹本達哉,EE Times Japan]

 シャープは2016年2月5日、一部メディアが鴻海(ホンハイ)精密工業の会長郭台銘氏の発言を受けて報じている「シャープが(出資を受け入れる企業として)鴻海に優先交渉権を与えた」との報道内容を否定するリリースを発表した。

 シャープは、「最終的な契約の条件について、適時かつ誠実に協議を継続する」「鴻海は、当社に提出した提案の有効期限を2016年2月29日まで延長する」との2点を主な内容とした合意書を交したことは認めたが、“シャープが鴻海に優先交渉権を与えた”という点については「そのような事実はない」(シャープ)とした。

 シャープ社長 高橋興三氏は2016年2月4日の決算説明会で、支援を受け入れる企業候補として、鴻海と産業革新機構の2社に絞ったことは認めたが、どちらの支援案を受け入れるかについては「決定していない」とし、両社と並行して協議を進め「今後1カ月以内に決める」との姿勢を強調していた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.