ニュース
» 2016年02月08日 13時00分 UPDATE

IoT市場でセンサーネットワーク構築を支援:PALTEK、OKIの920MHz帯無線通信製品を販売

PALTEKは、沖電気工業(OKI)と販売パートナー契約を結び、920MHz帯無線通信製品の取り扱いを開始する。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

 PALTEKは2016年2月、沖電気工業(OKI)と920MHz帯無線通信製品に関して、販売パートナー契約を結んだ。この契約に基づき、IoT市場向けにOKI製の920MHz帯マルチホップ無線「SmartHop」製品の販売を行っていく。

tm_160208paltek01.jpg 920MHz帯無線通信モジュール(左)と、920MHz帯マルチホップ無線ユニット(右)の外観

 OKI製の920MHz帯マルチホップ無線「SmartHop」には、「無線通信モジュール」と「マルチホップ無線ユニット」がある。これらは使用時に免許取得が不要で、2.4GHz帯を使った無線通信システムなどに比べて長距離伝送が可能である。さらに、親機1台当たり100台の子機を接続できるマルチホップネットワークを構築することができる。このため、親機と子機の間に障害物などがあっても、自動的に最適な経路を設定して通信を行うことが可能である。不正な子機の接続を防止する認識機能や通信の暗号化など、セキュアな無線通信網を構築できるのも920MHz帯無線システムの特長である。

tm_160208paltek02.jpg IoT分野における920MHz帯マルチホップ無線システムの位置づけ 出典:PALTEK

 PALTEKは、現場に設置されたセンサーや端末機器/製造装置などと、上位のデータ収集装置や制御装置を接続するセンサーネットワークの用途を中心に、920MHz帯マルチホップ無線対応モジュール/ユニットをベースとしたソリューションを提案していく計画である。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.