ニュース
» 2016年02月15日 11時30分 UPDATE

「構成がシンプルで低コスト」:もう駐車場で迷わない? 音波を使った屋内位置検出 (1/2)

三菱電機は、無線LANと音波を活用した屋内の位置検出ができるシステムを開発した。位置検出までの時間は約100ミリ秒で、誤差は30cm。システム構成がシンプルで、安価で実現できるのが特長だ。GPSの電波が届かない駐車場や、倉庫の物流管理などで利便性の向上に貢献するという。

[庄司智昭,EE Times Japan]

 三菱電機は2016年2月12日、無線LANと音波を活用して屋内の位置検出ができるシステムを開発したと発表した。GPSの電波が届かない駐車場や倉庫の物流管理などで、利便性の向上に貢献するという。例えば、駐車場では車を止めたときにスマートフォンに位置情報を記憶させ、戻るときに現在地を検出して、駐車位置まで案内してくれる。

ts160212_MITSUBISHI07.jpg 屋内駐車場内での利用イメージ (クリックで拡大) 出典:三菱電機

専用のアプリをインストールするだけ

 同システムは、音波による位置検出機能を無線LAN装置に搭載する。次に、スマートフォンと無線LAN装置との間で音波を往復させる。最後に、音波の伝達時間から距離を測定し、対象物の位置を特定する仕組みである。

 音波の入出力は、一般的なスマートフォンに内蔵されているマイク/スピーカーが利用できる。そのため、ユーザーは専用機器を必要とせず、専用のアプリをインストールするだけで位置検出を利用できる。「位置検出までの時間は約100ミリ秒で、誤差は30cm」(三菱電機)としている。

ts160212_MITSUBISHI03.jpg 屋内位置検出システムの仕組み (クリックで拡大) 出典:三菱電機

 三菱電機の情報技術総合研究所情報ネットワーク基盤技術部で部長を務める相川秀斗氏は、「音波のパターンを正確に検出したり、複数の音波を同時に検出してきれいに分離したりする技術に、当社のノウハウが詰まっている」と語る。

ts160212_MITSUBISHI01.jpg 屋内位置検出システムの動作の流れ (クリックで拡大) 出典:三菱電機
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

大手メーカー求人・人気ランキング

研究開発<自動運転の研究>

機構設計<車載用・蓄電用リチウムイオン電池モジュール>

制御システム開発<エンジン/モータ・燃料電池/車両/車載電装システム>

クボタ New!

機械設計<農機/建機/エンジン>

京セラ New!

電気回路設計<車載用カメラモジュール>

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2016 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.