ニュース
» 2016年02月19日 11時30分 UPDATE

「MWC 2016」プレビュー:5Gにつながる1Gbps LTE、エリクソンが披露予定 (1/2)

エリクソン・ジャパンは2016年2月17日、「Mobile World Congress 2016」の出展内容のハイライトを紹介する記者説明会を開催した。5G(第5世代移動通信)につながる技術として、1Gビット/秒(Gbps)以上のデータレートを実現する”Gigabit LTE”や、IoT向けLTEとして策定が進んでいる規格「NB-IoT」「LTE-M」をサポートする、基地局向けのソフトウェアなどが展示される予定だ。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]
エリクソン・ジャパン CTO(最高技術責任者)の藤岡雅宣氏 エリクソン・ジャパン CTO(最高技術責任者)の藤岡雅宣氏

 「Mobile World Congress 2016」(2016年2月22〜25日)が、スペイン バルセロナで間もなく開催される。

 スウェーデンのEricssonは、「ネットワーク化社会の構築」「ネットワーク」「変革をもたらすIT」「メディア―インターネット時代のTVへ」「産業界」という5つのエリアを設け、それぞれの最新技術と製品を紹介する予定だ。

 エリクソン・ジャパンでCTO(最高技術責任者)を務める藤岡雅宣氏は、「中でも重点を置くのが、5GとIoT、クラウドの3つである」と説明する。

5Gにつながる1GbpsのLTE技術を披露

 5G向けとしては、無線テストベッドの他、ヘリコプターを操作したり自動運転車を走らせたりといった5Gのユースケースを展示する。無線テストベッドは、具体的には、64個のアンテナ素子を搭載したアンテナで、Massive MIMOやMU(マルチユーザー)-MIMOのデモを行う。

Massive MIMOのデモ Massive MIMOのデモの概要(クリックで拡大) 出典:エリクソン・ジャパン

 5Gにつながる技術として、現行のLTEの性能と効率の向上を実現する「Extreme App Coverage」を紹介する。「これは、1Gビット/秒(Gbps)のデータレートを達成する”Gigabit LTE”と、クラウドRAN(Radio Access Network)を組み合わせることで実現する」(藤岡氏)。

 Gigabit LTEは、1)3つのコンポーネントキャリア(通信帯域)を束ねる、2)4×4 MIMOを使う、3)256QAMの適用範囲を広げる、という3つの方法によって1Gbpsのデータレートを目指すものだ。藤岡氏は「理論上は1.2Gbpsになる」と述べる。

 3)については、Ericssonのソフトウェア「Ericsson Lean Carrier(ELC)」を使う。LTEは、基地局からの参照信号(パイロット信号とも呼ばれる)が非常に多いといわれている。そのため、基地局からユーザーへ送信するデータ信号と参照信号が、セル間において干渉し、スループットが低減してしまう。ELCを使うことで、参照信号を最大で80%減らし、セル間干渉を軽減することができる。このため、64QAMしか使えなかった場所でも256QAMを適用できるようになり、スループットの向上につながるという。

「Ericsson Lean Carrier(ELC)」「Ericsson Lean Carrier(ELC)」 「Ericsson Lean Carrier(ELC)」によってセル間干渉が減り(左)、256QAMの適用範囲が広がるという(クリックで拡大) 出典:エリクソン・ジャパン
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

大手メーカー求人・人気ランキング

研究開発<自動運転の研究>

機構設計<車載用・蓄電用リチウムイオン電池モジュール>

制御システム開発<エンジン/モータ・燃料電池/車両/車載電装システム>

クボタ New!

機械設計<農機/建機/エンジン>

京セラ New!

電気回路設計<車載用カメラモジュール>

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.