ニュース
» 2016年02月26日 15時30分 UPDATE

「embedded world 2016」で発表:ルネサス「Synergy」のエコシステム拡大に手応え (1/2)

ルネサス エレクトロニクスが2015年10月にβ版の提供を開始した、IoT(モノのインターネット)機器向け設計基盤「Renesas Synergyプラットフォーム」のエコシステムは、確実に拡大しているようだ。ドイツで開催された「embedded world 2016」での同社の発表からは、それを垣間見ることができた。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 ルネサス エレクトロニクス(ルネサス)は、ドイツ ニュルンベルクで開催された「embedded world 2016」(2016年2月23〜25日)で、IoT(モノのインターネット)機器向け設計プラットフォームである「Renesas Synergyプラットフォーム(以下、Synergy)」について、新しいマイコン「S124シリーズ」などを発表した。

 Synergyでは、ARMのCPUコア「Cortex-Mシリーズ」をベースにした32ビットマイコン「Renesas Synergy Microcontrollers」が使われる。用途に合わせて、「Cortex-M0+」をベースにした「S1」と、「Cortex-M4」コアを搭載した「S3」「S5」「S7」の4つのファミリーがある。これらのファミリーのうち、高効率のCPU処理性能を備える「S3」と、性能を重視した「S7」が2015年に既に発売されている。具体的には、「S3A7グループ」と「S7G2グループ」だ。

「Synergy」向けのマイコンファミリー 「Synergy」向けのマイコンファミリー。「S7」と「S5」は40nm、「S1」と「S3」は130nmプロセスを採用している(クリックで拡大)

 今回、ルネサスは低消費電力が特長となる「S1」として、「S124グループ」を発表した。消費電流は動作時で70.3μA/MHzである。周辺機能としては、14ビットのA-Dコンバーター、12ビットのD-Aコンバーター、コンパレーターを搭載している他、30チャネル以上のタッチキーに対応する。通信用インタフェースとしては、USB 2.0 Full Speed(FS)とCAN(Controller Area Network)を備える。主な用途として、電池駆動の機器や無線モーションセンサー、小型のキッチン家電、POS(Point of Sale)端末などがある。

mm160225_rene1a.jpg Synergy向けマイコンファミリーの製品ロードマップ。「S5」ファミリーの製品のみ、まだ発表されていない。「S3A7グループ」「S7G2グループ」「S124グループ」の3つにより、64KB〜4MBまでのフラッシュメモリサイズを持つ、約30製品がラインアップされることになる(クリックで拡大) 出典:ルネサス

 S124グループは、S3A7グループやS7G2グループと完全な互換性を備えている。これは、例えばS124グループ向けに開発されたソフトウェアを、S3A7/S7G2グループを使う際にも再利用できるということだ。

Synergyの開発ボードSynergyの開発ボード 「embedded world 2016」で展示していたSynergyの開発ボード。左がS7の開発ボード、右がS3の開発ボードである(クリックで拡大)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.