ニュース
» 2016年03月04日 11時00分 UPDATE

蓄電装置に電気二重層キャパシターを活用:ひたすら回せ! 停電でも頑張れば使える自販機 (1/2)

日本ケミコンは、2016年3月2〜4日に東京ビッグサイトで開催されている「二次電池展」で、電気二重層キャパシターを用いた自動販売機「エネレンジャー」を展示した。災害や非常時に停電になっても、手回し自家発電を回すことで電気を作り、いつでも飲み物を取り出すことができるという。

[庄司智昭,EE Times Japan]

 2016年3月11日、東日本大震災から5年を迎える――。発生当時、東京都をはじめ多くの地域で水の買い占めが相次いだことを連日耳にした。買い占め問題に関する注意喚起も多くされていたが、同じような災害が自分の身に起こり、社会のインフラが止まってしまいそうなとき、私たちは冷静な行動をとれるのだろうか。

 そんなときに私たちの手助けをしてくれるかもしれない自動販売機が「エネレンジャー」である。エネレンジャーは、災害や非常時に停電になったとしても、手回し自家発電機を回すことで電気を作り、いつでも飲み物を取り出すことができるという。

 2016年3月2〜4日に東京ビッグサイトで開催されている「二次電池展」の日本ケミコンブースでは、エネレンジャーの実物が展示された。エネレンジャーの蓄電装置には、同社の電気二重層キャパシターが用いられている。展示では、エネレンジャーのデモを見ることができたので、飲み物を取り出すまでの様子を写真で紹介する。

手回しユニットをとにかく回す

ts160304_DLCAP01.jpg 「二次電池展」で展示されていた自動販売機「エネレンジャー」。写真左下部分には手回しユニットが見えているが、実際はステッカーをはずし、コインを用いてカバーを開けることで手回しユニットが見えるようになるという (クリックで拡大)

 手回しユニットを回し始める。

ts160304_DLCAP02.jpg

 回す!

ts160304_DLCAP03.jpg

 とにかく回すっ!!!

ts160304_DLCAP04.jpg
ts160304_DLCAP05.jpg 充電が完了するとランプがつく

 意を決して、ボタンを押すと……

ts160304_DLCAP06.jpg ペットボトルが出てきた!
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.