特集
» 2016年03月08日 13時30分 UPDATE

史上最高額の買収が完了:新生Broadcom、一部の事業廃止も視野に (1/2)

約370億米ドルという半導体史上、最高額の買収案件が完了した。新生Broadcomとして生まれ変わったAvago Technologiesは今後、コスト削減策を進める予定だ。複数の事業部門を売却することで、約3億米ドルを削減したいとしている。

[Rick Merritt,EE Times]

 Avago Technologies(以下、Avago)によるBroadcomの買収が2016年2月1日(シンガポール時間)に完了し、新生Broadcomが誕生した。その後の1カ月で、CEO(最高経営責任者)を務めるHock Tan氏は、既に着々と経営再建策を進めてきた。しかし同氏は、その全容については詳細を明かしていない。同氏は、AvagoでもCEOを務めていた人物だ。

mm160308_broadcom1.jpg 旧Avago TechnologiesのWebサイトのキャプチャー。新生Broadcomが紹介されている(クリックで拡大)

 Tan氏は、新生Broadcomの中核事業について検討すべく、上層部で約24の既存事業を利益部門と不採算部門に分類したという。部門ごとに、ターゲット市場や技術目標を設定し、同氏に直属するゼネラルマネジャーを置く。同氏の予測によると、2016年4〜6月期の連結売上高は35億5000万米ドルとなる見込みで、米ウォール街の予測である35億7000万米をわずかに下回ることになる。

 Tan氏は、「次の四半期は、2016会計年度の中では底辺の時期となるだろう。当社の8インチウエハー工場では現在、Appleの次世代『iPhone』に向けたRF部品の製造を開始している」と述べた。

事業売却によるコスト削減策を実施

 同氏は、旧Broadcomの事業を一部廃止することにより、約3億米ドルのコスト削減を見込めるとしている。同氏は、2015年5月に今回の合併を発表して以来初めてとなる、アナリストとの四半期決算カンファレンスコールにおいて、「複数の事業部門が対象となる予定だが、必ずしも無線関連の部門であるとは限らない。現在まだ検討中のため、詳細を明かすことはできない」と述べている。

mm160308_broadcom2.jpg 新生Broadcomは現在、24の事業部門に分かれている(クリックで拡大) 出典:Broadcom

 新生BroadcomのCFO(最高財務責任者)を務めるAnthony Maslowski氏は、「当社にとって初となるコスト削減策であるため、積極的に売却先を模索していくつもりだ。今後、売却対象部門のリストに追加が生じる可能性があるが、現在は最初のリストに関する取り組みを進めているところだ」と述べる。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.