ニュース
» 2016年03月09日 17時35分 UPDATE

公式発表、18日までに決着へ:東芝がキヤノンに優先交渉権――医療機器子会社売却で

東芝は、子会社の東芝メディカルシステムズの売却に関して、キヤノンに優先交渉権を与えたと発表した。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 東芝は2016年3月9日、経営再建に向けた経営施策「新生東芝アクションプラン」の一環として進めてきた東芝メディカルシステムズの売却について、キヤノンに独占交渉権を付与すると発表した。この交渉権の有効期間は2016年3月18日までであり、同期間中にキヤノンと最終合意に達するよう協議を続けるとしている。

 新生東芝アクションプランは、東芝が2015年12月に発表したもの。「2016年度からV字回復を果たす」(同社)として、PC、映像機器、白物家電などについて構造改革案を盛り込んだ。

 東芝メディカルシステムズは、東芝が、電力/インフラ事業やストレージ事業とともに注力するヘルスケア事業の中核を担う会社で、2015年度は唯一の黒字部門となる見込みだったが、新生東芝アクションプランの発表時に株式の売却を発表。売却益は、自己資本比率10%を割り込むなどし、危機的な財務状況の改善に充てる。なお、キヤノンが応札した額について東芝は明らかにしていないが、東芝社長の室町正志氏は2016年2月4日の決算会見で、「現状報道されている額(4000億〜5000億円)より高くなる」との見通しを語っていた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.