ニュース
» 2016年03月18日 15時30分 UPDATE

TECHNO-FRONTIER 2016 開催直前情報:次世代デバイス開発を支える12bitオシロを展示

テレダイン・レクロイ・ジャパンは、2016年4月20〜22日に千葉・幕張メッセで開催される「TECHNO-FRONTIER 2016(テクノフロンティア)」で、モーター駆動システムや、インバーター回路の開発をサポートするデジタルオシロスコープ/解析パッケージを展示する。

[EE Times Japan]

 2016年4月20〜22日の3日間、メカトロニクス/エレクトロニクスの要素技術が集結する「TECHNO-FRONTIER 2016(テクノフロンティア)」が、千葉・幕張メッセで開催される。

 TECHNO-FRONTIER 2016の開催に先立ち、アイティメディアが運営するEE Times Japan、EDN Japan、MONOist、スマートジャパンの4メディアではTECHNO-FRONTIER 2016の特設ページを設け、各編集部が厳選した注目企業の見どころ情報や新製品リリース、速報、イベントリポートなどを多数紹介していく。

 本稿は、計測機器メーカーのテレダイン・レクロイ・ジャパンの出展内容を紹介する。


拡充したプローブ群を新たに展示

 テレダイン・レクロイ・ジャパンは、EV/HV/PHVなどを含むモーター駆動システムや、インバーター回路の開発とデバッグをサポートするデジタルオシロスコープ、解析パッケージを展示する。EV/HV/PHVなどの次世代自動車の効率化には、シリコンカーバイド(炭化ケイ素、SiC)やガリウムナイトライド(窒化ガリウム、GaN)などの次世代デバイスの開発やモーター駆動インバーター制御の最適化が求められている。

 同社はその市場ニーズに対応する、12ビットのAD変換器を採用したオシロスコープ「HDO6000シリーズ」と、ライブ飽和電圧測定を実現する差動アンプ「DA1855A」をパワーデバイス解析ソリューションとして展示。モーター解析ソリューションとしては、8チャンネルの高分解能オシロスコープ「HDO8000シリーズ」を展示する。

ts160318_TELE01.jpg 差動アンプ「DA1855A」 (クリックで拡大) 出典:テレダイン・レクロイ・ジャパン
ts160318_TELE02.jpg 8チャネルの高分解能オシロスコープ「HDO8000シリーズ」 (クリックで拡大) 出典:テレダイン・レクロイ・ジャパン

 また、2015年のTECHNO-FRONTIERと比較して、6000Vrmsに対応する高電圧差動プローブ「HVD3605」、1mA/divの高感度電流プローブ「CP03xA」など拡充したプローブ群を新しく展示。モーター駆動インバーター解析をより詳細に行える高周波解析オプションも展示するという。

 同社は、「当社の最新ソリューションを広く紹介し、今までできなかった計測/解析を活用していただくことで、次世代技術開発に貢献していきたい」と語る。

TECHNO-FRONTIER 2016

会期 2016年4月20日(水)〜22日(金)
時間 10:00〜17:00
会場 千葉・幕張メッセ
テレダイン・レクロイ・ジャパン ブースNo.:8A-216
CEATEC JAPAN 2015特集

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.