ニュース
» 2016年04月06日 10時30分 UPDATE

車載ネットワークシステムの評価をより簡単に:CAN/LIN機能の評価キット、設計時間を短縮

サイプレス セミコンダクタは、車載ネットワークであるCAN(Controller Area Network)及びLIN(Local Interconnect Network)通信を容易に評価することができるシールドキット「CY8CKIT-026」を発表した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

 サイプレス セミコンダクタは2016年3月、車載ネットワークであるCAN(Controller Area Network)及びLIN(Local Interconnect Network)通信を容易に評価することができるシールドキット「CY8CKIT-026」を発表した。

 CY8CKIT-026は、同社製プログラマブルSoC(PSoC)やマイクロコントローラファミリーのCAN及びLINスレーブ通信機能を容易に評価することができるキットである。CANトランシーバーとLINトランシーバーをそれぞれ2個搭載した他、オープンソースのボードマイコン「Arduino」互換ヘッダーなどを備えている。同社製のPSoC 4パイオニアキット「CY8CKIT-042」や、PSoC 4Mシリーズのパイオニアキット「CY8CKIT-044」とともに使用することができる。

tm_160405cypress01.jpg CAN及びLINシールドキット「CY8CKIT-026」の外観

 システム設計者は、キットに含まれるCANサンプルコードを変更して、CANバス上でのデータ送受信を検証/評価することが可能である。また、LINサンプルコードを用いると、PSoC 4へのLINスレーブ通信の実装方法などを検証することができる。PSoC 4のLINコンポーネントは、LIN v1.3プロトコル仕様とLIN v2.1/2.2プロトコル仕様のいずれも対応しているという。

 CY8CKIT-026はすでに出荷を始めている。価格は50米ドルである。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.