ニュース
» 2016年04月06日 15時30分 UPDATE

TECHNO-FRONTIER 2016 開催直前情報:エコ/省エネ貢献する車載製品を多く展示、サンケン

サンケン電気は、2016年4月20〜22日に千葉・幕張メッセで開催される「TECHNO-FRONTIER 2016(テクノフロンティア)」で、エコと省エネをキーワードに最先端のパワー半導体から電源/大型電源機器まで、同社のソリューションをアプリケーションごとに展示する。

[EE Times Japan]

 2016年4月20〜22日の3日間、メカトロニクス/エレクトロニクスの要素技術が集結する「TECHNO-FRONTIER 2016(テクノフロンティア)」が、千葉・幕張メッセで開催される。

 TECHNO-FRONTIER 2016の開催に先立ち、アイティメディアが運営するEE Times Japan、EDN Japan、MONOist、スマートジャパンの4メディアではTECHNO-FRONTIER 2016の特設ページを設け、各編集部が厳選した注目企業の見どころ情報や新製品リリース、速報、イベントリポートなどを多数紹介していく。

 本稿は、サンケン電気の出展内容を紹介する。


車載採用製品の展示コーナーも新たに追加

 サンケン電気は、エコと省エネをキーワードに最先端のパワー半導体から電源/大型電源機器まで、同社のソリューションをアプリケーションに応じて展示を行う。特にオートモーティブゾーンは今回からブースフロント部分に設け、省エネ要求を背景に電装化が進む車載市場に向けた製品を多く展示するという。

 また、TECHNO-FRONTIER 2016では、2015年の展示と違いゾーンの構成が変わっている。「オートモーティブ」「モーターコントロール」「パワーマネジメント」「デジタル&パワーデバイス」「パワーサプライ」「パワーシステム」に加えて、車載をテーマにした採用製品の展示コーナーをブース中央部に設けたとする。

ts160318_SANKEN01.jpg サンケン電気のブースイメージ (クリックで拡大) 出典:サンケン電気

 セミナーもブース内で開催。アナログ電源を強みとする同社ならではのデジタル電源用MCUなどのセミナーを日替わりで予定している。個々の製品の紹介だけでなく、コントロールICとパワー半導体素子を組み合わせたソリューションといった、エコ/省エネにトータルで貢献する同社製品の紹介も行っていくとした。

 同社は、「現在課題を抱えている顧客から、長期的な視野で基礎研究をしている顧客、将来のエレクトロニクス業界を担う学生の方まで、幅広い顧客に当社製品を知ってもらい、興味を持っていただけることを期待している。当社としても、各社の最先端技術を見ることで、現在の立ち位置を確認し、将来の方向性を再確認したい」と語った。

TECHNO-FRONTIER 2016

会期 2016年4月20日(水)〜22日(金)
時間 10:00〜17:00
会場 千葉・幕張メッセ
サンケン電気 ブースNo.:4D-301
TECHNO-FRONTIER 2016特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.