ニュース
» 2016年04月08日 07時30分 UPDATE

64Kビット品として「業界最小クラス」:3.4MHz動作時消費電流170μAの64Kb FRAM

富士通セミコンダクターは2016年4月、64KビットのFRAMとして消費電流を抑えた新製品「MB85RC64T」を発表した。

[竹本達哉,EE Times Japan]

小型のSONパッケージ品も用意

 富士通セミコンダクターは2016年4月7日、64Kビット容量のFRAM(強誘電体メモリ)として3.4MHz動作時平均消費電流が170μAと低消費電力を特長にした製品「MB85RC64T」のサンプル出荷を開始した。同社では、「業界最小クラスの動作消費電力」としている。

tt160408FSL_FRAM001.jpg 64Kビット FRAM「MB85RC64T」

 MB85RC64Tは、ウェアラブル機器やIoT(モノのインターネット)機器向けに、小型、低消費電力の不揮発メモリ製品として開発。1.8〜3.6Vの電源電圧範囲で動作し、I2Cインタフェースを持ち最大3.4MHz動作に対応する。

 消費電流は、3.4MHz動作時で170μA(平均)、1MHz動作時では80μA(平均)。「従来品比で、動作消費電力を約80%削減し、64Kビット容量のFRAMとしては業界最小クラスの動作消費電力を実現した」という。

tt160408FSL_FRAM002.jpgtt160408FSL_FRAM003.jpg 左=従来品との動作消費電流比較 / 右=SOP品とSON品の基板実装イメージ (クリックで拡大) 出典:富士通セミコンダクター

 パッケージラインアップは、業界標準となっている8ピンSOP品に加え、ノンリードタイプでより小型な8ピンSON品の2種。SON品の実装面積はSOP品よりも約80%小さく、実装体積としては92%削減できる。

 スタンバイ電流は8.0μA。書き込み/読み出し保証回数は10兆回で、データ保持特性は10年(85℃環境)となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.