ニュース
» 2016年04月11日 15時30分 UPDATE

TECHNO-FRONTIER 2016 開催直前情報:オンセミ、高効率と省スペース化貢献する製品展示

オン・セミコンダクターは、2016年4月20〜22日に千葉・幕張メッセで開催される「TECHNO-FRONTIER 2016(テクノフロンティア)」で、高効率と省スペース化に貢献する民生機器、産業用機器やIoTデバイス向けの各種電源/バッテリー/モーター向けの設計ソリューションを展示する。

[EE Times Japan]

 2016年4月20〜22日の3日間、メカトロニクス/エレクトロニクスの要素技術が集結する「TECHNO-FRONTIER 2016(テクノフロンティア)」が、千葉・幕張メッセで開催される。

 TECHNO-FRONTIER 2016の開催に先立ち、アイティメディアが運営するEE Times Japan、EDN Japan、MONOist、スマートジャパンの4メディアではTECHNO-FRONTIER 2016の特設ページを設け、各編集部が厳選した注目企業の見どころ情報や新製品リリース、速報、イベントリポートなどを多数紹介していく。

 本稿は、電力変換、バッテリー管理、モーター制御の最新のソリューションを展示するオン・セミコンダクターの出展内容を紹介する。


「設計/製造のヒントになってほしい」

ts160318_ONSEMI01.jpg 3相BLDCモータードライバ (クリックで拡大) 出典:オン・セミコンダクター

 同社は、高効率と省スペース化に貢献する民生機器、産業用機器やIoTデバイス向けの各種電源/バッテリー/モーター向けの設計ソリューションを展示する。

 モーターソリューションでは、BLDCモーターやステッパモーターのドライバを具体的な採用事例を挙げて紹介するという。複数のMOSFET内蔵パワーモジュールとモーターコントローラによるワイヤレスクリーナー用モーター向けデモ、デュアルステッパモーターコントローラによるセキュリティカメラのパンチルト制御デモなどを行う。

 電源ソリューションは、疑似共振コントローラ「NCP1339H」/同期整流コントローラ「NCP4305」/シャントレギュレーター「NCP431」を使用することにより、小型高密度で省電力を実現した45W出力PSU(Power Supply Unit)ソリューションを紹介。

 また、同社は「オン抵抗の標準値が150mΩの600V GaNカスコードトランジスタ『NTP8G206N』による、高効率と高電力密度化が可能になるコンバーターソリューションを展示する」と語る。USB Type C/PD(Power Delivery)に対して大電力が供給可能なシステムレベルのソリューションも展示するとしている。

 バッテリーソリューションでは、バッテリー向けのトータルソリューションとして、バッテリープロテクション/残量計/チャージャーを構成する技術を展示。パワー半導体のMOSFET、IGBTの最新ラインアップや、パワーインテグレーティッドモジュールをはじめとした製品ポートフォリオも紹介するとした。

 同社は、「TECHNO-FRONTIER 2016は、さまざまな市場のアプリケーションに携わる設計エンジニアの方々に、当社の高性能パワーコンバージョンやモーター制御、産業向けIoTデバイスのソリューションを紹介できる機会になると期待している。直接、最新技術製品をご覧いただくことで、設計/製造のヒントになることを願う」と語る。

TECHNO-FRONTIER 2016

会期 2016年4月20日(水)〜22日(金)
時間 10:00〜17:00
会場 千葉・幕張メッセ
オン・セミコンダクター ブースNo.:5B-219
TECHNO-FRONTIER 2016特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.