特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2016年04月19日 13時30分 UPDATE

分散型機械学習を実装可能:ファナックなど、製造業IoT進める情報基盤を発表 (1/2)

ファナックなど4社は、製造業の現場において、さまざまセンサーから得られたデータを1つのプラットフォームで解析することで、設備効率/生産性/品質を向上させることを目的とした情報基盤プラットフォーム「FANUC Intelligent Edge Link and Drive system」を発表した。

[庄司智昭,EE Times Japan]

 ファナックは2016年4月18日、CNC(コンピュータ数値制御)やロボット、周辺デバイス、センサー向けの情報基盤プラットフォーム「FANUC Intelligent Edge Link and Drive system」(以下、FIELD system)を開発すると発表した。

 FIELD systemは、シスコシステムズ、Rockwell Automation、Preferred Networksとの協業によって開発されている。機器の自動化が要求される製造業の現場において、さまざまセンサーから得られたデータを1つのプラットフォームで解析することで、設備効率/生産性/品質を向上させることを目的として今回の構想が発表された。

「FIELD system」のイメージ図 (クリックで拡大) 出典:ファナック

 FIELD systemは、ファナックが進める「ZDT(ゼロダウンタイム機能)」を拡張したものだ。ZDTとは、ロボットが停止をする前に異常を通知するなど「壊れる前に知らせる」予防保全の実現を目指すプロジェクトである。シスコシステムズのクラウド、IoTデータ収集ソフトウェア、セキュリティ機能で構成され、「ZDTにおけるコネクテッドロボットの数は、2016年末に6000〜1万台に達する見込みである」(ファナック)という。

 ファナック専務でロボット事業本部長を務める稲葉清典氏は、「FIELD systemは、Edge Heavyの領域で機器がつながるところが1つの特徴で、かつ、それらの機器が各上位層につながっていく枠組みである。この枠組みを実現するハードウェア/ソフトウェア/アプリケーションを総称したものを“FIELD”と呼んでいる」と語る。

 エッジデバイス部分で、センサー機器から得られた情報をより分けるといった構想は、ルネサス エレクトロニクスも同社の産業機器向け高速データ処理/通信エンジン「R-IN」と人工知能を組み合わせた形で、発表を行っている。

「Edge Heavy」のイメージ図 (クリックで拡大) 出典:ファナック

 FIELD system、各社の役割に関する概要(一部)は以下のようになっている。

  • ファナック:主要な指標を追跡するためのセンサーを搭載したCNCとロボット提供など。
  • シスコシステムズ:メッセージブローカー、セキュリティ、アプリケーションを含むミドルウェアプラットフォームの提供など。
  • Rockwell Automation:シスコシステムズと共同で開発した「Converged Plantwide Ethernet(CPwE)」をベースとした、FIELDアプリケーションに接続するためのネットワーキング、コンピューティング、セキュリティの提供など。
  • Preferred Networks:ディープラーニングフレームワーク「Chainer」、IoT向けのストリームエンジン「SensorBee」、ソフトウェアプラットフォーム「DIMo:Deep Intelligence in Motion」内の機械学習ライブラリの活用など。
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.