ニュース
» 2016年04月20日 09時30分 UPDATE

エンジンの熱設計や部品劣化診断などに活用:高感度・薄型の熱流センサー、デンソーが発売

デンソーは、半導体式熱流センサー「RAFESPA(ラフェスパ)」を2016年5月より発売する。感度が高く薄型のため、熱設計や部品劣化診断などが容易となる。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

 デンソーは2016年4月、半導体式熱流センサー「RAFESPA(ラフェスパ)」を2016年5月より発売すると発表した。従来製品に比べ極めて感度が高く、薄型化が可能である。自動車エンジンルーム内など、幅広い用途で高精度の熱解析が可能となる。

tm_160420denso01.jpg 半導体式熱流センサー「RAFESPA(ラフェスパ)」の外観

 RAFESPAは、熱可塑性樹脂や樹脂レス金属ペーストを用い、1回のプレスで必要な回路や機能を完成させることができる、独自のPALAP(Patterned Prepreg Lay-Up Process、一括積層プロセス)工法により製造した。PALAP工法は、基板内に抵抗やコンデンサー、ICチップなどを一括して埋め込むことが可能である。

 新製品は、市販されている現行の熱流センサーに比べて、温度変化に対する感度が最低でも4倍になるという。放熱や吸熱の方向(熱の流れ)も検知することができる。また、薄型化により曲面部の測定が可能である。

tm_160420denso02.jpg PALAP工法を活用した製品の事例 出典:デンソー

 自動車のエンジンルーム内の熱ロス測定や、住宅設備の断熱性能評価、部品劣化に伴う工場設備の故障予兆診断などの用途に向ける。なお、同センサーの販売は、豊田通商グループのエレマテックが行う。

関連キーワード

デンソー | 感度 | エンジン | 半導体 | 診断 | 自動車 | 故障


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.